転職活動ガイド | 基礎知識

転職する勇気が出ない方向けの転職方法

2022年11月2日

転職する勇気が出ない方向けの転職方法

この記事で学べること

  • 転職したいけど勇気が出ない方へのワンポイント
  • 転職を踏みとどまったほうがいい人の特徴
  • 転職する勇気を出すポイント
  • 年代別!20代・30代・40代の転職活動で気を付けるポイント

なかなか転職を踏み切れないんですが、良い方法はありますか?

転職希望
ヒロ

転職を考えているけれど、なかなか一歩を踏み出せずにモヤモヤした気持ちを抱えながら働いている方もいらっしゃいますよね。

仕事には、人生のうちでも多くの時間を費やします。

自分が心地よく働くために、大きな決断をしなければならない場合もあるのです。

転職への勇気を出す方法や、年代別に転職活動で注意すべきポイントなどもご紹介していきます。

迷いを捨てて転職に踏み切る方法

転職したいけど勇気が出ない方へのワンポイント

多くの人が転職を考える理由のパターンは、キャリアアップや仕事の幅を広げたいという「キャリア志向型」か、職場の人間関係や仕事内容・給与額を解決したいという「不満解消型」に分かれています。

いずれにせよ、なんの迷いもなく転職に踏み切ろうと考える人はほとんどいません。誰もが転職を決断するまでに、さまざまな葛藤を経験します。

「自分に合った転職先が見つからないかもしれない」「今のキャリア・仕事を捨てて後悔はないか」などといった不安が次々と頭に浮かび、身動きが取れなくなってしまう方も多くいるのです。

そういった不安から、転職したいという気持ちはあるものの、勇気が持てずにズルズルと現状維持で働き続けることにもつながってしまいます。

現職に不満や違和感を持ったまま働いていても、生産性やスキルは上がりません。それどころか、迷っている間に転職が難しい年齢になってしまう可能性も。このまま悩んでいても、物事が前進するわけではありません。

転職する/しないにしても、あなたにとってベストな選択ができるよう、現状を整理してみましょう。

転職を踏みとどまったほうがいい人の特徴

転職の勇気が出ないと悩む方のなかには、すぐに転職を検討したほうが良い方もいれば、いまは転職を踏みとどまったほうが良い方もいます。では、どのような方が転職を一旦見送るべきなのか、その特徴を解説します。

転職理由が曖昧

転職理由が曖昧だと、転職できたとしても転職先の会社で後悔する可能性が高まります。たとえば「なんとなく飽きてきたから別の仕事がしたい」「もっと毎日を充実させたい」などの安易な理由を持っている方は、まだ転職しないほうが良いでしょう。

「転職したい」と感じたら、その理由を深掘りして自己分析を行ってください。本質的に、自分が何に不満があるのかを見極めることが重要です。

現状を客観視できていない

転職を考えるということは、いまの会社や仕事に何かしらの不満を抱えているはずです。しかし、その不満は、客観的に見て妥当な不満なのかをよく考えてみてください。

もしあなたが「給料が少ない」と感じていても、仕事内容やスキルに見合った適切な金額かもしれませんし、「忙しすぎる」と思っていたとしても、決して無理な仕事量を頼まれているわけではないということもあるのです。

客観的に見て妥当性がない場合、転職してもその不満が解消されるとは限りません。現状をしっかりと見極めるために、社内外の人に話を聞いてもらい、客観的な意見をもらってみることも大切でしょう。

キャリアプランが定まっていない

現状に対する不満と、転職したいという漠然とした気持ちばかりが先行してしまうと、転職活動は失敗しやすくなってしまいます。自分の目標や重視する点をきちんと考えていないと、どのような企業に就職したいのかが見えてきません。

さらに、転職後のミスマッチを起こしやすく、早期退職につながってしまう例も珍しくないのです。

「将来的にどうなりたいのか」「将来像を実現するにはどのような道筋が必要なのか」など、自分のキャリアプランについてじっくりと考えることも欠かさないようにしましょう。

転職する勇気を出すポイント

転職する勇気を出すには、改めて自分自身と向き合うことが大きなポイントとなります。自分自身とどう向き合うのか、その方法をご紹介します。

転職するメリットを考える

転職への不安を感じてしまうと、どうしても転職に対するデメリットにばかり目が向いてしまいますよね。ですが、そのままでは一向に自分自身を勇気づけることにはつながりません。

デメリットにばかり押しつぶされそうになったら、まずは、転職するメリットを考えてみてください。

たとえば、「子どもを育てながら働いている人が多いから、この企業では厚待遇で仕事も長く続けられそう!」「志望企業の平均年収が高いから、給料がアップしそう!」など、転職の良いところを洗い出してみましょう。

自分の志望する企業や業界について調べたうえで、転職のメリットを考えると少しでも勇気が出ててくるかもしれません。

10年後の自分を想像する

転職に悩んだら、10年後の自分を想像することも一つの方法です。

「いまの仕事を続けていたら、自分の生活はどうなっているか」「転職したら、10年後に自分はどうなっていたいか」など、自分が現状維持で働き続けるパターンと、転職したパターンを状況別で考えてみましょう。

あなたの理想像にたどり着くには、いまの会社でそれが10年で叶うのかという点を基準にすれば、転職したほうが良いのかが分かるかもしれませんよ。

自分のいいところを探す

自分に自信のない方は、特に転職への葛藤が重くなりやすくなってしまいます。

自分のネガティブなところだけを見るのではなく、自分の長所を探したり、持っているスキルや経験を整理してみてはいかがでしょう。「長所がスルスルと出てこない」という方は、人に聞いてみても良いでしょう。

スキルの整理をするときは、自分を客観的に見ることができるので、キャリアの棚卸しと自己分析も同時に行うことをおすすめします。

年代別!20代・30代・40代の転職活動で気を付けるポイント

転職に踏み切る勇気が出たら、いよいよ準備を本格的に始めなければなりません。転職活動を始める前に知っておいたほうがいいポイントを、年代別にご紹介します。

20代

20代のうちは、基本的にポテンシャルを重視される傾向にあります。

テンシャルを重視した採用の場合、企業は転職者の入社後にきちんと育成することを前提としています。つまり、20代に対しては、入社後にすぐに成果を出してほしいと考えているわけではないということが言えます。

ただし、面接では「なぜ転職したいのか」「入社してどのようなことをしたいのか」などの転職理由を、採用担当者に納得してもらうことが重要です。

抽象的な転職・志望理由では、面接官の「すぐ辞めてしまうのではないか」という不安を煽ってしまうことになるかもしれません。

自分の将来像が具体化されるような転職・志望理由を伝えらえれば、面接官は「難しい問題があったとしても乗り越えてくれる」と前向きな判断をしてくれます。ですので、必ず事前にあなたのキャリアプランを定めておいてくださいね。

30代

基本的に、30代は即戦力が期待されています。

20代の「ポテンシャル採用」とは異なり、主観的な自己PRよりも「実際にどんな経験を積んできたのか」という点が重視されているようです。

職務経歴書では自分のキャリアを分かりやすく伝えるために、「どのような会社の、どのような役職でどのような仕事をしてきたのか」を論理的に記載する必要があります。

また、面接の際は、経験を基にしながら「自分の経験をどのように活かすことができるのか」「会社にどう貢献できるのか」について、理路整然と説明できるように準備を怠らないようにしましょう。

40代

40代は、30代よりもさらに即戦力性が求められます。

この年代をターゲットにした企業は、組織に新たな息吹をもたらしてくれることを期待しています。40代の転職者に対しては、会社が変わるかどうかという視点が加えられるのです。

一般には「ミドル層にはマネジメント経験が求められる」と言われることがありますが、人を動かすというだけでなく、周囲に影響を与えながら成果を上げられる能力が求められていると捉えることができるでしょう。

注意していただきたいのは、40代となると、これまで働いてきた業界と異なるところへの転職は、かなり難しくなるということです。

なるべく自分が経験してきた業界のなかで転職することをおすすめしますが、全く異なる業界へ転職したい場合は、これまで取引先として関わっていた業界など、接点のあるところを選んだほうが得策です。

転職したい理由を今一度見つめなおそう

転職に対して迷いがある場合は、焦らずに自分自身と向き合う時間をとりましょう。ネガティブな理由だけでなく、転職するメリットや自分の長所、スキル・経験を見つめなおしてみてください。特に重要なのは、「あなたが転職する理由」です。

転職は、人生を大きく変える可能性のある選択です。転職したいと思った理由を深く考えてみれば、転職する/しないという判断の大事な基準となるでしょう。

そのために、ひとまず今の仕事を続けながら自分自身について考える時間を持つことが大切です。

20代転職専門サポート

こんな悩みはありませんか?

  • 転職の準備って何をして良いのか分からない
  • 自分がどんな仕事に向いているのか分からない
  • 何社受けてもなかなか受からない

H&Hでは、そんな皆様と個別面談をさせていただき、転職のサポートをしております。

転職サポートを利用

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

H&H代表取締役 畑原啓伸

2019年7月11日、H&H株式会社設立
1984年生まれの1児パパ。
エンジニア→自動車整備→営業→エンジニア→経営者。

700名以上の方々からいただいた気づきを「ゼロから始める20代転職」として発信中!

「世の中をもっと面白くしたい」、「自身の人生をもっと面白くしたい」 そんな思いをもったわたしが先頭に立ち、皆さんと一緒に世の中を創っていく所存です。少しでも興味をもっていただけたら是非一度腹を割ってお話しましょう!!!

-転職活動ガイド | 基礎知識
-,