豆知識

人間関係が理由で転職?転職を成功させる方法について解説

2022年12月19日

人間関係 転職

人間関係がうまくいかず転職を考えている人は、事前に取るべき対策や、転職を成功させるためのポイントについて理解しておくことが賢明です。

人間関係の問題で転職を考えたことがある方もいらっしゃるでしょう。

しかし、このような転職は、成功例も失敗例も数多くあるため、やみくもに行うべきではないのです。

そこで、この記事では、人間関係が原因で転職を希望する方のために、転職を成功させるための秘訣を解説します。

この記事で学べること

  • 【人間関係】と転職の関係
  • 【人間関係】を理由に転職する前にできること
  • 【人間関係】を理由にした転職での失敗例
  • 【人間関係】を理由にした転職で成功するには
  • 転職先の【人間関係】をチェックする方法
  • 転職先で良い【人間関係】を築く方法

【人間関係】で転職する理由

人間関係が理由で転職したい場合のポイントについて解説していきます。

【人間関係】と転職の関係

厚生労働省の令和2年の雇用動向調査によると、同僚や上司とのトラブルが原因で離職した人は、男性で8.8%、女性で13.3%となっています。

男性の離職理由は、職場環境の悪さや会社の存続への不安など。

さらに、女性では、人間関係の問題が離職の理由の上位を占めている。

このように、転職の理由を考える上で、人間関係が重要な役割を担っていることがわかります。

【人間関係】で転職する前にできること

人間関係を理由に、別の職業に転職した人は数多くいますので、同じように転職して不利になることはないでしょう。

ただし、人間関係はともかく、業務や職場環境が満足のいくものであれば、同じ理由で転職するのではなく、そのままの状態を維持することをお勧めします。

なぜなら、新しい職場で人間関係が良くなるとは限らないからです。

したがって、人間関係を理由に転職する前に、現状を確認・把握し、さまざまな問題解決方法を駆使して、最終手段としての転職に踏み切ることが賢明です。

辞める前に出来ること

  • 身近な人や人事に相談する
  • 社内で異動を希望する
  • 自分の考え方を変えてみる
  • 直接本人と話す

それでは人間関係を理由に、転職する前にできることを4つ解説していきます。

辞める前に出来ること
身近な人や人事に相談する

信頼できる人や人事担当者などの第三者に悩みを打ち明けるのも有効です。

自分の悩みを理解した上で、身近な人や人事部の人に相談し、手を携えて取り組むことで実を結ぶかどうか考えてみてください。

また、パワハラやセクハラで困っている場合は、すぐに人事に相談することをお勧めします。

それでも解決しない場合は、転職も視野に入れたほうがよいでしょう。

辞める前に出来ること
社内で異動を希望する

社内異動を申請することで、配属先や部署が変わり、状況が改善されるケースもあります。

困難な状況から離れることで、当事者と健全な関係を築ける可能性が高まります。

また、会社の制度や都合により異動が困難な場合もあります。

人事部に問題点や希望を伝えることで、問題解決の手助けをしてもらうことができます。

辞める前に出来ること
自分の考え方を変えてみる

自分の思想や価値観と合わない人たちと付き合っていくのも仕事の一つです。

このように、自分が安心できる職場環境に身を置くことは、必ずしもうまくいくとは限りません。

他の人に気を配らなければならない場面は避けられません。

必要以上に深入りせず、相手に過度に期待しないことで、人間関係のトラブルや緊張を和らげることができるかもしれません。

辞める前に出来ること
直接本人と話す

上司や先輩、初対面の人と関わることは大変なことですが、上手く行けば努力は報われます。

また、相手がそのことに気づいていない可能性もあります。

打ち明けることで、態度が変わったり、強い友情が生まれるかもしれません。

そのような相手には遠慮してしまうものですが、相手に悪気がなく、相手の気持ちや意図を汲んであげれば、解決につながることもあります。

このような場合、冷静さを保ち、オープンな姿勢を貫くことが良い結果を生む可能性があります。

【人間関係】で転職する際の失敗例

次は、人間関係で転職する際の失敗例について解説していきます。

転職での失敗例

  • 内定が出たらすぐに転職を決める
  • 環境以外のミスマッチが起こる
  • 転職活動が長引いてしまう

内定が出たらすぐに転職を決める

内定後、すぐに転職を決めてしまうのは、失敗の原因としてよくあることです。

個人的な問題を解決するために新しい職場を探すのは魅力的ですが、あまりに早い転職は、現在の職場の労働条件や雰囲気を犠牲にすることになりかねません。

多くの人は、仕事に求める本質的な要素を無視して、"今の会社を辞める正当な理由がある "という考え方に飛びついてしまう。

結局、新しい職場で新たな困難に直面し、転職したことを後悔することになりかねません。

環境以外のミスマッチが起こる

人間関係を優先することは良いことかもしれませんが、労働条件が受け入れられなかったり、年収が話し合いより低かったりといった問題が発生する可能性が残ってしまいます。

転職の際、人と人とのつながりは重要ですが、労働条件や給与水準も同様に重要です。

人間関係ばかりに気を取られていると、条件面を見落とすことになりかねないので、その辺のミスマッチが起こらないように転職するのが賢明です。

転職活動が長引いてしまう

転職の動機が、主に人間関係の問題である場合、さらなる目標を見出すことは困難です。

人間関係が理由で転職を希望していることを雇用主に話すと、人間関係のマネジメントができない人材と思われかねないため、危険な人材と思われかねません。

次の職場で何をしたいのかが明確でないと、内定をもらうのが面倒になり、職探しをするのが面倒になる。

転職の理由のひとつに、職場の環境を変える事も大切ですが、転職の目的を明確にし、自分にとって望ましい条件や働き方ができる会社を探すことが必要です。

【人間関係】を理由にした転職で成功するには

人間関係が理由で転職する場合、その転職が自分の成長にとって有益かどうかを考慮する必要があります。

転職先で同じ問題に直面した際、辞める癖がついてしまい、雇用主から信頼されず、有益な機会を見つける可能性を低下させることになります。

職場の雰囲気や条件は入る前にはわからないものなので、人間関係だけを理由に退職することはお勧めできません。

20代前半のうちは融通が利きますが、年齢を重ねるごとにフリーランスやアルバイトに頼らざるを得なくなる危険性があります。

そうならないためにも、自分の希望が叶えられるか、報酬や環境は自分の基準に合っているか、よく考えてみることが大切です。

転職先の【人間関係】をチェックする方法

新しい職場でも、人間関係のトラブルがつきものです。

そのため、転職先の人間関係を事前に把握しておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。

面接の際に質問するのはもちろんのこと、口コミも参考にしてください。

また、内定が決まったら、気になることは納得がいくまで質問することもできます。

とはいえ、知人や友人、転職エージェントなどに直接問い合わせるのが、最も効率的に内部情報を入手する方法です。

転職先で良い【人間関係】を築く方法

新しい職場では、率先して人間関係を築き、礼儀正しく、気持ちよく同僚を迎え入れることが成功につながります。

人間構築の築き方

  • 挨拶は自分からする
  • 笑顔で対応する
  • 感謝の気持ちを伝える

さらに、最初の印象を良くすることは、有益な関係を築く可能性を高めるために最も重要なことです。

笑顔で挨拶し、感謝の気持ちを伝えることで、豊かな人間関係を築くことができるのです。

転職先で良い人間関係を築くことに挑戦し、積極的に良好な人間関係を構築することは、転職で成功するための方法ともいえます。

20代転職専門サポート

こんな悩みはありませんか?

  • 転職の準備って何をして良いのか分からない
  • 自分がどんな仕事に向いているのか分からない
  • 何社受けてもなかなか受からない

H&Hでは、そんな皆様の転職サポートをしております。

転職サポートを利用

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

H&H代表取締役 畑原啓伸

2019年7月11日、H&H株式会社設立
1984年生まれの1児パパ。
エンジニア→自動車整備→営業→エンジニア→経営者。

700名以上の方々からいただいた気づきを「ゼロから始める20代転職」として発信中!

「世の中をもっと面白くしたい」、「自身の人生をもっと面白くしたい」 そんな思いをもったわたしが先頭に立ち、皆さんと一緒に世の中を創っていく所存です。少しでも興味をもっていただけたら是非一度腹を割ってお話しましょう!!!

-豆知識