転職活動ガイド | 基礎知識

20代女性が転職を成功させる方法を解説

2022年11月5日

20代女性の転職方法

この記事で学べること

  • 20代女性は売り手市場とは?
  • 30代を過ぎると転職しづらくなる?
  • 転職には優先順位をつけておくことが大切?
  • 女性が働きやすい環境とは?
  • 20代前半女性の転職対策とは?
  • 20代後半女性の転職対策とは?
  • ライフプランに合わせて転職先を探す?

20代女性が転職を成功させる方法ってありますか?

転職希望
ヒロ

今回は、世の中の20代女性たちは転職活動をする際にどんなことを重視しているのか、転職活動においてどんな対策をしておくべきかご紹介致します。

20代女性が転職を成功させる方法

20代女性は売り手市場

20代の若手女性は転職市場において売り手の状態が続いています。

男女を単純比較するのが良い事とは思いませんが、採用担当や経営者たちは『女性』へのイメージを持っており、それが転職市場にも反映されています。

20代女性は売り手市場

  • 「男性より女性のほうが、ガッツがあって長続きする」
  • 「女性は、サボらずきちんと仕事に取り組む方が多い」
  • 「コミュニケーション力が高く、顧客からの評価が高いのは女性」

もちろんこれら全てが正しいわけではありませんし、女性全員に当てはまるものでもありません。

しかしこうしたイメージが女性の市場価値を高めているともいえます。

30代を過ぎると転職しづらくなる

企業は、若手の女性を求めています。これも悩ましい話ではありますが、30代前後になってくると結婚や出産などを機に退職や産休に入ることも多く、企業としては避けたいというのが本音のようです。

女性の中でも、より長く会社に貢献してくれる20代の方を採用したい。

それが企業側の意図するところであり、結果として20代女性が転職市場において売り手である理由です。

もちろん結婚や出産だけが理由ではありません。男性も30代を過ぎると転職はしづらくなるので、性差はないともいえるでしょう。

しかし男性以上に様々な要因を検討されるのは、現代の日本の転職市場においては避けられません。

転職には優先順位をつけておくことが大切

何かを叶えるために、また不満を解消するために転職をしても、後悔することはあります。

思っていた仕事・待遇と違ったり、新しい人間関係に悩んだり、覚えることが多くて落ち込んでしまったり…。

理想が高ければ高いほど、ギャップを感じたときの後悔は大きくなります。

そうならないためにも、転職する際には『優先順位』を付けておくことが大切です。

転職によって何を実現したいのかをハッキリさせておけば、それ以外のことにギャップを感じてもある程度は許容することができるでしょう。

では20代の女性たちは、何を最重要視して転職先を選んでいるのでしょうか?

転職する際は優先順位が大切

  • プライベートを大切にする
  • 人間関係がいい職場を選ぶ
  • 仕事を通じて成長できる環境

プライベートを大切にする

どんな仕事をするにしても、プライベートと両立できるかは大切です。

日々残業に追われ、休日も仕事をして、友人や家族との時間も取れない…。そんな生活では、充実した人生とはいえません。

過度な残業がなく、有給を含め休みもきちんと取れる。そんなプライベートを大切にできる仕事を、誰しも求めているのでしょう。

人間関係がいい職場を選ぶ

退職理由で最も多いのは、人間関係への不満・悩みだと言われています。

どんな方でも、多かれ少なかれ人間関係への悩みはあるでしょう。

それが大きくなり、積もり積もっていくと退職へとつながってしまいます。

働くなら人間関係への不安が極力少ない職場がいいと思うのは、当たり前のことです。

仕事を通じて成長できる環境

仕事は、あなたの人生の多くの時間を占めるもの。

嫌々取り組むより、仕事を通じて人間として、ビジネスパーソンとして成長できたほうがいいですよね。

仕事における成長は、給与や役職などにも直結します。

豊かな人生を送るためにも、成長できる仕事を選びたいという女性はやはり多いようです。

女性が働きやすい環境

『働きやすい』という言葉の捉え方は人それぞれ。ですが共通して言えるのは、「働く上での不安が少ない」ということだと思います。

勤務時間や休日数、長期休暇の取得のしやすさ、スキル・キャリアアップ、人間関係など。不安が無ければ、安心して長く働くことができます。

つまりそれが『働きやすい』ということにもつながるのではないでしょうか。

働きやすい会社は、まず間違いなく離職率が低いです。面接などの場で、ぜひ離職率について聞いてみましょう。

20代前半女性の転職対策

20代前半の女性は、転職活動において何に気を付けるべきなのでしょうか?

20代前半の女性の転職対策

  • 実績よりもポテンシャル
  • 未経験でも20代前半は採用されやすい
  • 面接で聞かれやすい質問

実績よりもポテンシャル

企業は、男女問わず20代前半の若手・第二新卒層に対しては、経験やスキルをほとんど求めていません。

経験やスキルが欲しいなら、自ずと30代、40代のベテラン層を採用します。

若手を採用するからには、企業が期待しているのは『ポテンシャル』です。

自社で勉強し、経験を積むことで、会社の中核となる人材に育ってほしい。そんな期待を込めて、企業は20代を採用しています。

未経験でも20代前半は採用されやすい

企業にとって、将来を担う人材になる可能性を秘めた若手は貴重な存在です。

特に20代前半の社員ならなおさら。そして転職市場には男性よりも女性のほうが少ないため、20代前半の女性は、非常に希少な人材です。

経験がなくとも、スキルに不安があっても、採用される可能性が高いといえるでしょう。

経験者募集の求人であっても前向きに検討してくれる可能性が高いため、興味がある求人なら積極的に応募し、意欲を伝えてみましょう。

面接で聞かれやすい質問

結婚や出産の意思を確認する質問

結婚後の退職、育児休暇の取得、子育て中の時短勤務。

こうしたライフイベントに伴う働き方の変化は、男性よりも女性に多い傾向にあります。

育休の取得や時短勤務などは男性の取得も増えてきましたが、まだまだごくわずか。やはり女性の負担が大きいというのは実情です。

ライフイベントによって女性社員が離脱してしまうことを、リスクと考える企業も少なくありません。

結果として面接で、「結婚の予定はありますか?」「出産は考えていますか?」「出産後も仕事を続けますか?」といった質問をされることにもつながっています。

一歩間違えればセクハラ・パワハラとも取られかねない質問ですが、内定をもらうために答えなければならない場面もあるでしょう。

そんなときは、本心かどうかは置いておいて、『結婚・出産もしたいが、ビジネスパーソンとしてキャリアを積み、会社にも貢献したい』という姿勢を伝えるようにしましょう。

退職理由についての質問

20代前半で転職活動をしているということは、何らかの理由で一度会社を退職している、または退職しようとしているということ。

採用した社員には長く働いてもらいたいのが、企業の本音。

そのため、なぜ前職を退職したのかという旨の質問をされるでしょう。

退職理由は人それぞれと思いますが、伝えるのであればネガティブに聞こえないように工夫する必要があります。

例えば「給料が上がらないのがイヤだった」という退職理由は「成果を報酬や役職できちんと評価してもらえる会社で働きたい」とポジティブに言い換えることで、面接官の印象も変わるでしょう。

20代後半女性の転職対策

20代前半の女性はポテンシャルを重視されますが、20代後半になると加えてスキルや実績も求められるようになります。

20代後半の女性の転職対策

  • 20代後半からスキルと実績も求められる
  • 面接で聞かれやすい質問

20代後半からスキルと実績も求められる

20代前半まではポテンシャルだけを見て採用されることが多いですが、20代後半になると、ある程度の社会人生活の中で培ったスキルや実績を見られるようになります。

20代後半ということは、少なくとも3年以上、長い方で7年近く社会人としての経験を積んでいるはずです。

それほどに仕事をしていながら、活かせるスキルや誇れる実績が無い方を、企業としては採用したがりません。

志望動機と自己PRで自分を売り込む

ではどのようにスキルや実績を伝えるべきでしょうか。

採用担当者は書類選考の段階である程度の人数に絞っていくため、まずは履歴書の志望動機や自己PR欄で自分を売り込みましょう。

前職で何を学び、どんなスキルを身に付けたのか、そしてそれを次の会社でどう活かせるのかを『具体的に』書くことが大切です。

また、これまでの実績についても数値を用いて記載するよう心がけてください。

もし履歴書に書ききれない場合は、職務経歴書に詳細をまとめて記載しても構いません。

面接で聞かれやすい質問

20代後半の女性も、20代前半の女性同様に、女性特有の質問を受けることもあります。

やはりこちらも割り切って受け答えをするようにしましょう。

結婚や出産の意思を確認する質問

これは20代前半の女性同様に聞かれやすい質問です。

特に20代後半の女性のほうが、結婚や出産が近くなりやすいため、聞かれる可能性は高いでしょう。

やはり本心かどうかはさておき、ライフイベントに関わらずキャリアを積んでいきたいことや、会社に貢献していきたいという意欲などを伝えるようにしましょう。

前職で学んだことや実績に関する質問

ある程度の社会人経験の中で何を学び、どんなスキルを身に付けてきたのかを質問されます。

20代後半ともなれば、何も活かせるものが無い方を採用するのはリスクも高くなります。

面接前には、スキルや経験について語れるように準備しておきましょう。

また実績についても質問されます。仕事を通じてどんな成果を残したのか、その成果を残すためにどんな努力をしてきたのか。

こうした質問から、自社で活躍できる社員かどうかを見られます。

前職での実績を、達成率や取り組み内容など細かに言語化しておきましょう。

ライフプランに合わせて転職先を探す

転職活動に当たって、ほとんどの方は自分のキャリアプランについて考えると思います。

しかしその反面、ライフプランについてきちんと考えて転職活動をしている方は少なかったりします。

結婚、出産、子育て、家庭と仕事との両立、マイホームの購入…。

これから先の人生を歩んでいく中で、仕事だけでなく様々なライフイベントと向き合っていくことになります。

男女問わず、仕事のことだけを考えて転職活動をするのではなく、ライフプランを踏まえた仕事選びが大切です。

とはいえ、「まだまだライフプランのことなんて考えられない…」という方もいるはずです。

そんなときは、女性の転職活動に関して詳しいエージェントに相談をしながら仕事を探していくのがオススメです。

100年以上続く企業一覧|長寿の共通点を解説 | H&H株式会社

20代転職専門サポート

こんな悩みはありませんか?

  • 転職の準備って何をして良いのか分からない
  • 自分がどんな仕事に向いているのか分からない
  • 何社受けてもなかなか受からない

H&Hでは、そんな皆様と個別面談をさせていただき、転職のサポートをしております。

転職サポートを利用

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

H&H代表取締役 畑原啓伸

2019年7月11日、H&H株式会社設立
1984年生まれの1児パパ。
エンジニア→自動車整備→営業→エンジニア→経営者。

700名以上の方々からいただいた気づきを「ゼロから始める20代転職」として発信中!

「世の中をもっと面白くしたい」、「自身の人生をもっと面白くしたい」 そんな思いをもったわたしが先頭に立ち、皆さんと一緒に世の中を創っていく所存です。少しでも興味をもっていただけたら是非一度腹を割ってお話しましょう!!!

-転職活動ガイド | 基礎知識
-, ,