給与・年収

【給与・年収】陸上自衛隊の給与・年収や初任給

陸上自衛隊の給料年収を解説します。

陸上自衛隊の平均給料・給与 37万円
陸上自衛隊の平均年収

  • 454万円~597万円
  • 20代の給料:21万円
  • 30代の給料:30万円
  • 40代の給料:37万円
  • 初任給:16万円

階級によりお給料が変わります
※給料年収統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

陸上自衛隊の給料・年収補足

上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
456万円~560万円となると予測されます。

  • 20代 21~26万円
  • 30代 30~35万円
  • 40代 35~40万円

陸上自衛隊の仕事内容

日本国の平和と国民の生命財産を守る、日本の官公庁職員です。

日本国に対する直接的、間接的侵略に対する防衛が主任務で、公共の秩序維持が仕事です。

防衛庁管轄の特別機関で、自衛隊の中の陸上部門にあたります。

ちなみに標語は「Final Goalkeeper of Defense」

日本の最終防衛力と位置付けられています。

英語名:JGSDF: Japan Ground Self-Defense Force

陸上自衛隊の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
33万円~34万円となりそうです。

陸上自衛隊になるには?【資格取得方法】

年齢や学歴によって選択肢が非常に多く、高卒では防衛医科大学看護学生の履修終了後に、自衛官として一般2士として入隊後、20代で3等陸曹に昇格して階級を引き上げていくケースが有ります。

高卒後、防衛大学校に入学して幹部候補生となる道、陸上自衛隊高等工科学校への入学は中学卒業から受験できます。

中卒では自衛官幹部候補生となるためには、まずは一般曹候補生になる必要がありますね。

防衛大学校への入学は、高校を卒業して採用試験を合格した者が一番多いです。

高等工科学校へ入学した場合は、普通高校と同じ教科を学び、自衛隊の専門技術教育や訓練を受けながら、防衛基礎学を学びます。

他には、高卒後に自衛官募集の告知から3ヶ月の訓練期間後に、自衛官候補生となるケースもあります。

試験は筆記試験と口述試験、身体検査などがあり、必須の資格所得は必要ありませんが、医師免許や歯科医師免許所得済みの場合は、防衛大学校で看護コースに入り、幹部候補生となることも可能です。

尚、自衛官になるための専用機関での学生は、給与も支給されます。

陸上自衛隊の階級と給料はどのようになっているの?

階級のトップが自衛隊の中で4人しかいない幕僚長で、月収では160万円~200万円前後(棒給)と言われています。

陸将:月収60万円~198万。
将補:52万円~91万円。

佐官級クラス

  • 1等陸佐:40万円~55万円
  • 2等陸佐:34万円~50万円
  • 3等陸佐:34万円~48万円

陸尉

  • 1等:27万円~46万円
  • 2等:24万円~45万円
  • 3等:23万円~44万円
  • 准陸尉:22万~44万円

ここから下は、階級では一般的な自衛隊員とみなして良いのですが、陸曹長で22万~43万、1等陸曹で22万~41万円、2等陸曹21万円~38万円、3等陸曹で18万~31万円前後となります。

更にその下の、軍隊では一兵卒となる、陸士では1等17万から始まり、19万円が最高、2等陸士は高卒が多いのですが、15万前後~17万円が最高となっています。

陸上自衛隊は大卒と高卒だと給料はかわるの?

高卒、大卒で諸手当(扶養手当・通勤手当・単身赴任手当・住居手当・寒冷地手当・地域手当・航空作業手当・乗組手当・落下傘隊員手当・災害派遣等手当など)や基本給与・待遇は変わることはありません。

自衛官候補生・一般曹候補生・一般幹部候補生により初任給は変わってきます。

自衛官候補生であれば、12万。一般曹候補生が16万。幹部候補生が21万の初任給です。

昇給は年に1回。期末・勤勉手当(ボーナス)と呼ばれる手当が年に2回です。約4か月分の支給となるようです。

大卒の方が幹部候補生を選ぶことが多いため、40歳過ぎたあたりから大卒の幹部候補生だった自衛官と高卒だった自衛官候補生であれば給料差は階級によってつくことがあります。

▼その他の【給与・年収】を知りたい方はこちら▼

\最速1分でお問い合わせ/

転職相談はこちら

本サービスを利用する場合、利用規約に同意したものとみなします。

-給与・年収
-, ,