豆知識

20代で転職回数5回は不利?転職するためにできることについて解説

20代で転職を繰り返す

今よりも良い職場で働くためにも、今の職場をやめて別の企業に転職したいと考える方は多いのではないでしょうか?

転職すればやりたい仕事ができたり、収入がアップしたりと、様々なメリットがあります。

しかし、転職回数が多くなると企業に不信感を持たれてしまうため、転職成功率が下がってしまう傾向があります。

今回は、20代で転職を5回以上繰り返している人に向けて、企業が転職回数多い人をどう見ているのか、転職を成功させる秘訣を紹介していきます。

キャリアを安定させたい・納得できる仕事に就きたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

この記事で学べること

  • 20代で転職回数5回だと転職で不利!
  • 20代の平均転職回数1回~2回
  • 転職を繰り返してしまう20代の理由

20代で転職回数5回は不利?転職するためにできることについて解説

20代で転職回数5回だと転職で不利!

20代で5回も転職を繰り返してしまうと、企業から様々な不信感を抱かれてしまうため、転職が不利にあります。

企業が具体的にどのような不信感を抱いているのか、紹介していきます。

人間性を疑われる

転職回数が多い人に対して、「人間性に問題がある人なのでは?」と人間性を疑われてしまいます。

企業からすると人間性に問題がある人を採用してしまうと、組織全体に悪い影響を及ぼしてしまうリスクがあるため、どうしても採用に消極的になるのです。

持続力の低い人と思われる

20代で5回も転職をしていると、1社あたりの勤続年数は長くても1年~2年くらいです。

そのため、採用してもすぐに退職してしまうのでは?と思われてしまうので、採用されなくなるのです。

企業としては、長期間働いてくれる人材の方が長い目で教育ができ、将来的には幹部クラスを任せる期待ができます。

すぐに退職してしまうと、教育した時間が無駄になってしまうため、企業にとっては採用画消極的になってしまうのです。

スキルが身に付いていない

転職を繰り返している人は、在籍期間が短いため、仕事の知識やスキルが身に付いていないと判断されます。

社会人経験の長さに対して、スキルや経歴が伴っていないと企業からは採用価値の低い人材とみなされてしまうのです。

また、若い年齢ではポテンシャルや成長意欲の高さが必要ですが、20代の後半になると即戦力としてみられています。

転職回数が多いという理由だけで、即戦力にはならないと判断されるので、転職が不利になってしまうのです。

20代の平均転職回数1回~2回

転職する人が多くなってきているという声をよく耳にしますが、20代の76%は転職経験がなく残りの24%は転職経験ありという結果でした。

20代の4人に1人が転職している計算になりますね。

また、転職回数で言うと、転職回数が1回の人がほとんどで2回以上の人はほとんどいないようです。

この結果から考えると、転職回数5回は非常に多い数字だというのが分かりますね。

転職を繰り返してしまう20代の理由

転職をする20代はかなり少ないのが分かりましたが、5回もの転職を繰り返している人は、なぜそこまで転職をしてしまうのでしょうか?

実際に転職を繰り返してしまった人の理由を紹介していきます。

職場の人間関係が上手くいかない

職場の人間関係は仕事をしていくうえで、欠かせない大切な要素。

そのため、職場の人間と上手くコミュニケーションが取れない…と退職してしまう人が多いです。

職場環境は転職して入社してみるまで分からないので、職場に馴染めないとストレスを抱えてしまい転職してしまうようです。

やりたい仕事が見つからなかった

やりたい仕事ではないと感じ、転職をして働きだしてみたものの、仕事内容が自分にあっていないと感じ、転職を繰り返している人も多いです。

今の仕事よりも自分にあった仕事をがあるのではないかと、期待が大きくなり、入社してみたもののギャップを感じてしまうようです。

仕事量に対しての報酬が少ない

仕事量に対しての報酬が少ないと感じ、今の職場よりも良い給料をもらうために転職しています。

転職してみたものの、給料が低くなってしまった・求人よりも給料が少なかったなど、収入の低さにギャップを感じて転職している人も多いです。

しかし、経験が浅くスキルや経歴がない20代の給料は期待以上に高いはずがありません。

給与面ではあまり期待しすぎない様にしましょう。

転職回数が多い人が転職を成功させる秘訣

転職回数が多い場合は転職に不利ですが、どうすれば転職を成功させる事ができるのでしょうか?

ここからは、転職を成功させるための秘訣を紹介していきます。

転職した理由を明確にする

「入ってみたら想定外の業務ばかりやらされた」「社内でパワハラにあった」など、短い期間で退職する場合は特別な理由がある可能性が高いです。

ここで面接通過するためには、嘘をつかずに「なぜ辞めたか」をまず伝えること。

そのうえで、どんな実務経験を積み、短い期間ながらも何を目標に動いて、何のスキルが身に付いたかを自己分析することが大切です。

しっかりと自己分析結果を伝え、採用側の求める人物像とマッチしていれば、採用される可能性は大いにあります。

自分の武器となるスキルや知識を身に付ける

今までの社会時経験を振り返り、自分にはどのようなスキルや知識が身に付いているのか考えてみましょう。

一社あたりの勤続年数が少なくても、社会人を経験しているわけなので、何かしらのアピール要素はあるはずです。

決して華々しい経歴やスキルである必要はありません。

大切なのはそのスキルや経験をどのようにして積み、会社でどのように活かしていきたいかということ。

自分の知識やスキルが転職先企業のどこで活かせるのか、どこで成長できるかを伝えられれば、転職を成功させる可能性がぐっとアップします。

転職エージェントを活用する

自分一人で転職するのが不安・同じような失敗をしたくない!と考えている人は、転職エージェントを使ってみましょう。

転職エージェントを活用すれば、転職に対して的確なアドバイスを受けられるので、転職成功率もぐっとアップします、

特性や希望を考慮して求人を紹介してくれるので、ミスマッチも少ないでしょう。

転職回数をごまかすと経歴詐称になる!

転職回数が多く、転職が不利になってしまうのであれば、職歴書や履歴書にきちんと書かずに、転職回数をごまかせないか?と考える方も多いです。

しかし、転職回数をごまかして書くのは絶対にやめましょう。

キャリアに空白があると、余計にデメリットに感じる採用担当者もいます。

また、2社目3社目の就職履歴を省いてしまうと、面接の時の志望動機や離職理由の説明に不自然な点が出てくる可能性があります。

万が一、ばれてしまうと「不正をした」と罪を問われることもあり、正直に正しい経歴を記載するべきでしょう。

転職を繰り返すと癖になるので注意!

本来、初めての転職に踏み切るときは勇気を振り絞って動いているはずです。

しかし、2回、3回と転職を繰り返すと転職することに慣れてしまい癖になっていく可能性が高いです。

20代で4回目、5回目の転職に踏み切る前に少し立ち止まって考えてみましょう。

20代転職専門サポート

こんな悩みはありませんか?

  • 転職の準備って何をして良いのか分からない
  • 自分がどんな仕事に向いているのか分からない
  • 何社受けてもなかなか受からない

H&Hでは、そんな皆様の転職サポートをしております。

転職サポートを利用

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

H&H代表取締役 畑原啓伸

2019年7月11日、H&H株式会社設立
1984年生まれの1児パパ。
エンジニア→自動車整備→営業→エンジニア→経営者。

700名以上の方々からいただいた気づきを「ゼロから始める20代転職」として発信中!

「世の中をもっと面白くしたい」、「自身の人生をもっと面白くしたい」 そんな思いをもったわたしが先頭に立ち、皆さんと一緒に世の中を創っていく所存です。少しでも興味をもっていただけたら是非一度腹を割ってお話しましょう!!!

-豆知識
-,