エンジニアの転職

未経験でPython(パイソン)エンジニアに転職出来る?

2020年5月28日

Pythonエンジニアの転職方法

この記事で学べること

  • Python(パイソン)エンジニアの実態調査について
  • 未経験からでもPython(パイソン)エンジニアへ転職出来るのか?
  • Python(パイソン)で転職を成功させるためのステップとは?
  • Python(パイソン)を身につけるための方法とは?
  • Python(パイソン)エンジニアへの転職に有利な資格とは?
ヒロ

未経験からでもpythonエンジニアになれるのだろうか?
そう思ったことはありませんか?

前回、Pythonについて教えていただき、Pythonエンジニアに興味がわきました。

転職希望
ヒロ

Pythonは、Webアプリケーション開発から、AI、機械学習といったホットな開発に携われることから
近年高い人気が出ており、求人や案件も増加傾向にあります。

求人も増えているとのことで、今後期待できそうですね。

転職希望
ヒロ

未経験からPythonエンジニアとして転職するまでの道のりは決して楽ではありませんが
きちんと学習すれば不可能ではありません!

未経験からPython(パイソン)エンジニアになることは出来る?

あわせて読みたい記事

Python(パイソン)とはそもそも何?気になる方はこちらもチェック

【初心者向け】今注目されているPython(パイソン)とは?

Python(パイソン)エンジニアの実態調査

今後、スキルを磨きたいと思う言語
日経XTECHより

スキルを磨きたい言語の第1位は「Python」だった。回答者440人中321人がPythonを選んだ。
実に7割を超える回答者がPythonを学びたいという状況だ。AIブームの到来で有望視するITエンジニアが多いとみられる。

Pythonの仕事内容

Pythonエンジニアの仕事内容は、大きく分けると以下の3種類に分けられます。

  • アプリケーション開発
  • 機械学習
  • データ解析

Pythonはアプリケーション開発の現場でも使用されており、YouTubeやInstagramもPythonで作られています。
また機械学習など人工知能の開発に利用されたり、データや統計学を用いて解析する、データ解析の現場でも利用されます。

Pythonで転職した場合の年収

Pythonエンジニアに転職した際にどの程度の年収を得られるのか
という予測はこれから転職を考えている人にとって非常に重要な指標の一つですよね。
求人検索エンジン「スタンバイ」を運営するBIZREACHの調査によると
2018年のPythonエンジニアの平均年収は575.1万年で、言語全体の中で3番目の位置です。

BIZREACHより


国税庁の民間給与実態調査によると、2018年の平均給与は432万円となっているため、比較的高い給与水準を狙えることが分かります。

Pythonの需要

ここでPythonエンジニアの需要が求人ベースでどの程度あるか調べて見ましょう。

indeedの求人検索サイトで、キーワード「Python」・勤務地「愛知県」で調べて見ると、700件以上の求人がヒットします。

indeedより

未経験からでもPython(パイソン)エンジニアへ転職出来るのか?

結論から先に言うと、Python未経験でも転職することは可能です。
しかし、企業としても未経験で採用するのであれば年齢や、英語能力
特定のビジネススキルなど未経験で育てても十分戦力になる!と判断させるほどの材料が必要です。

Pythonやプログラミング自体の実務経験は無くても、自己学習なりPython言語をある程度扱えるようにしておいた方が
転職成功確率は格段に変わるでしょう。

未経験からのPython習得難易度

Pythonは他の開発言語と比べると比較的習得しやすい言語です。
記述したコースコードを自分でコンパイル(コンピューターが実行可能な状態に変換する)
しなくても、逐一翻訳してくれますし、何より導入が簡単です。

また、記述するコードが非常にシンプルで見やすいため、人によってコードの記述方法が変わる
癖が出てくるといったことが発生しにくく、他の人が記述したコードを参考にしやすいというメリットが有ります。

Python(パイソン)で転職を成功させるためのステップ

ここまでPythonエンジニアの実態や転職について解説して来ましたが
実際にエンジニアとして転職を成功させるにはどのようなステップを踏めば確率が上がるのでしょうか?

エンジニアとしての実務を行う場合、Pythonのスキルに加えて
ITやWebの周辺知識は面接の際に必ず聞かれるので押さえておく必要があるでしょう。

ここではPythonエンジニアとして最低限押さえておきたい項目を5つのステップに分けて紹介します。

IT業界の知識を深めよう

Pythonエンジニアとして転職を目指す前に、まずはIT業界がどのような現状になっているのか理解しておく必要があるでしょう。

どのようなトレンドが有り、将来的にどのような技術が使われていく事になるのかを理解すると
自分の目指すべき道や、自分が学習していく道筋が大まかに分かって来ます。

漠然と最初の学習言語としてPythonを始めてしまうと、後で行きたかったのはこの道ではなかったと時間をロスしてしまう可能性があります。
インターネットなどで検索すれば情報は大量にヒットするので、まずは現在のIT業界について調べて見るとよいでしょう。

Web基礎スキルを身につける

次に、Webのシステム・通信技術の知識や、Webを構築するための基礎的なスキルの習得が必要です。

普段見ているWebサイト一つ見ても、ドメイン・Webサーバー・IPアドレスといった様々な技術が利用されています。
また、実際にwebサイトを構築するにもHTTPやCSS、JavaScriptといった言語を利用してWebサイトの見た目を作っていきます。

Pythonを学習し、様々なアプリケーションを開発するにしてもWebサイトの知識や
構築するための基礎スキルは必ず必要になってくるため、Pythonの学習に進む前にまずはWebの基礎スキルを押さえておきましょう。

プログラミングスキルを身につける

IT業界や、Webの基礎スキルが身についたら、続いてメインのPythonの学習です。

オンラインでの学習サイトや入門書籍が多数出版されているので、自分にあったレベルの学習教材を選んで
Pythonの基礎的な文法や開発環境の構築をして行きましょう。

サンプルを参考に成果物を作成する

一通りPythonの基礎学習が終了したら、次はPythonを使用したアプリケーションなど
成果物をまずは一つ作成して見ましょう。

学習サイトや書籍を参考にしながらオリジナルのアプリケーションを一つ作成できれば
少なくとも開発環境の構築から一般公開まで、開発に必要な最低限の手順を理解できたことになります。

基礎学習の時と比べると難易度は大きく上昇しますが、ここまでできれば大きな自信がつきます。

ポートフォリオを完成させる

成果物を一つ作成できたら次は自分をアピールする最大の武器、「ポートフォリオ」の作成です。

IT業界でのポートフォリオとは、自分の紹介や、スキル、成果物などをまとめて紹介した
いわば履歴書のデラックスバージョンです。

転職の際にポートフォリオが有るのと無いのでは、結果が大きく変わるので、
転職活動をする前にここまで仕上げられれば、自信を持って戦いに望めます!

Python(パイソン)を身につけるための方法

では実際Pythonを学習し、自分の力として身に付けるにはどのような学習方法があるのでしょうか?

これは全てのプログラミング学習に当てはまりますが、大きく分けて

  • 独学で学ぶ
  • スクールに通う

の2つの選択肢があります。
ここではそれぞれのメリットやデメリットに触れながら紹介します。
自分にあった学習方法は人それぞれですので、取り組みやすいと思った方で選びましょう!

独学

まず独学の学習法ですが、基本的に考えられるのはオンラインの学習サイトや書籍による勉強です。

今はProgateやドッドインストールなど、無料もしくは低価格で学習できるオンライン学習サイトが豊富にありますし、初心者向けの書籍などもインターネットで検索すればレベル別の優良な書籍がすぐに分かります。

独学の場合、低価格で自分の好きな時間に好きなペースで学習できるというメリットが有ります。
一人で学習していると、エラーなどが発生した場合に解決まで大きな時間を必要としたり
モチベーションが続か挫折してしまうことも多くなります。

スクール

一方スクールを利用する場合、既にエンジニアとして働いている人や数年以上開発経験のある人達から直接指導してもらえます。
そのため挫折しにくく、技術習得後に就職や転職のサポートもしてくれるスクールもあります。

就職後のリアルな話が聞けるのもメリットの一つです。
しかしスクールの費用は数十万円から必要になるため、少々値段が高くなります。

Python(パイソン)エンジニアへの転職に有利な資格

Pythonに関する資格には、Python3エンジニア認定基礎試験と Python3エンジニア認定データ分析試験があります。
資格を取得することで、 Pythonの知識がどのくらいあるか証明するできます。

また資格試験の勉強を通して、体系的にPythonの勉強ができるメリットも。どちらの資格も比較的新しい試験で難易度もさほど高くないため、今のうちに受験しておくといいでしょう。

Python3エンジニア認定基礎試験

Python3エンジニア認定基礎試験では文法の基礎が身についているかどうか問われます。
受験概要は下記の通りです。

  • 開催時期:通年
  • 開催場所:全国のオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンター
  • 申込URL:http://cbt.odyssey-com.co.jp/pythonic-exam.html
  • 受験料金:1万円(税別) 学割5千円(税別)
  • 問題数:40問(すべて選択問題)
  • 試験時間:60分
  • 合格ライン:正答率70%

出題範囲は、オライリー・ジャパン「Pythonチュートリアル 第3版」の掲載内容を中心に、一般的な知識からも出題されます。

Python3エンジニア認定データ分析試験

Python3エンジニア認定データ分析試験では、Pythonを使ったデータ分析の基礎や方法が問われます。
受験概要は下記の通りです。

  • 開催時期:通年
  • 開催場所:全国のオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンター
  • 申込URL:http://cbt.odyssey-com.co.jp/pythonic-exam.html
  • 受験料金:1万円(税別) 学割5千円(税別)
  • 問題数:40問(すべて選択問題)
  • 試験時間:60分
  • 合格ライン:正答率70%

出題範囲は、主教材である翔泳社「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」の内容から出題されます。

まとめ

自分のキャリアを見極め、それに合う新しい技術や知識は今後必要不可欠です。

「これが好き、これしかやりたくない」で止まらず、そこからさらに自分ができる範囲を広げていくにはどうすべきか、を考えて実行に移していったほうが、エンジニアへの転職が成功しやすいでしょう。

Pythonは幅広いジャンルで使われている言語で、今後も重要拡大が見込まれています。

20代転職専門サポート

こんな悩みはありませんか?

  • 転職の準備って何をして良いのか分からない
  • 自分がどんな仕事に向いているのか分からない
  • 何社受けてもなかなか受からない

H&Hでは、そんな皆様と個別面談をさせていただき、転職のサポートをしております。

転職サポートを利用

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

H&H代表取締役 畑原啓伸

2019年7月11日、H&H株式会社設立
1984年生まれの1児パパ。
エンジニア→自動車整備→営業→エンジニア→経営者。

700名以上の方々からいただいた気づきを「ゼロから始める20代転職」として発信中!

「世の中をもっと面白くしたい」、「自身の人生をもっと面白くしたい」 そんな思いをもったわたしが先頭に立ち、皆さんと一緒に世の中を創っていく所存です。少しでも興味をもっていただけたら是非一度腹を割ってお話しましょう!!!

-エンジニアの転職
-, , ,