豆知識

働きやすい企業の特徴とは?職場の雰囲気を見極め方を解説

2022年12月19日

働きやすい 職場

転職を考えるとき、多くの人が職場の雰囲気を見極める方法について知りたがるものです。

雇用主を選ぶ際に、職場環境の雰囲気は大きなウェイトを占めます。

せっかく魅力的な企業に転職しても、職場環境が悪ければ、早期退職につながる可能性もあります。

そこで今回は、職場の雰囲気を把握するために、優良企業の要素について解説します。

この記事で学べること

  • 職場の雰囲気が悪いと業務に影響が出る
  • 企業選びで大事な「良い雰囲気の職場」
  • 「良い雰囲気の職場」の特徴
  • 雰囲気が合わない職場を選ぶ原因
  • 職場の雰囲気を知るためのチェックポイント

職場の雰囲気を見極める方法

職場の雰囲気を見極める方法を解説していきます。

職場の雰囲気が悪いと業務に影響が出る

オフィスの雰囲気が悪いと、職場の人の意見や要望が言いづらくなり、あろうことか人同士の連携がとれなくなり、日常生活に重大な影響を与える情報のやりとりが難しくなります。

多くの仕事が独立して行われているにもかかわらず、組織全体として見ると、多くの仕事はグループとして行われている。

職場環境が悪く、コミュニケーションがとれず、協力する意識が低ければ、いくら社員一人ひとりの能力が高くても、仕事の成果を上げることは難しいでしょう。

社員同士の連携や、データの共有がうまくいかなければ、日常の課題や仕事を簡単にこなすことは難しくなります。

いくら労働条件が良くても、人間関係が希薄であったり、社員がいつも疲れていたりしては、良い職場環境とは程遠くなります。

企業選びで大事な「良い雰囲気の職場」

組織を決める際に欠かせないのが、「働きやすい環境」の重要性です。

社会人であれば、一日の大半を会社で過ごすことになるため、「働きやすい環境かどうか」は選ぶ際の重要なポイントになります。

職場には様々な性格や考えを持った人がいるので、あなたが探そうとしている企業の環境は、必ずしもあなたが求める環境と一致しないかもしれません。

何をもって「良い職場」とするかは人それぞれですが、自分がどのような職場で働きたいかは、転職の際に非常に重要なポイントになります。

職場の雰囲気を事前に把握することは可能?

入社前に会社の雰囲気を知るのは難しいことで、実際に入社しないとわからないことがあります。

仕事内容や待遇が希望に合っていても、雰囲気が合わずに退職する人もいます。

どうしても雰囲気を見たい場合は、面接時や採用担当者とのやりとりで、職場の雰囲気を把握することができます。

「良い雰囲気の職場」の特徴

ここでは、「良い雰囲気の職場」の特徴について解説していきます。

良い職場の特長

  • 社員同士の距離間が近い
  • 実績が正当に評価される
  • 個性が尊重されている

これから転職活動をする人は、ぜひ下記の3点を参考にしてみてください。

良い職場の特長
社員同士の距離間が近い

職場環境において最も分かりやすいのは、従業員同士の距離感です。

社員同士のつながりが強く、仲が良い職場環境は存在感があり、社員が前向きに仕事に取り組むことができます。

強い絆で結ばれ、無理なく情報交換ができる関係があれば、仕事がスムーズに運びます。

良い職場の特長
実績を正当に評価される

生産性を客観的に評価している企業は、雰囲気が良いのでしょう。

業績が正しく評価され、報酬が支払われることで、仕事へのモチベーションが高まります。

そして、それが周囲の人たちにも波及し、健全な職場環境が構築されます。

目標や目的が曖昧だと、モチベーションの維持が難しくなり、成果の質も低下してしまいます。

また、賃金や待遇がこれまでの努力に見合わなければ、批判的な意見が出たり、さらに環境が悪化したりと、悪循環に陥りかねません。

良い職場の特長
個性が尊重されている

独自性というものが認識されれば、仕事の場は素晴らしい場となります。

チームとして一人の人間を支えつつ、それぞれの意見を聞き、検討した上で意思決定ができる。

その結果、自分自身を高めることができ、働きやすい環境となります。

雰囲気が合わない職場を選ぶ原因

ここでは、雰囲気が合わない職場を選ぶ原因について解説していきます。

注意すべきポイント

  • 業種や職種のリサーチ不足
  • 前職と企業規模が大きく異なる
  • スピードだけを考えた転職活動

転職活動時に注意すべきポイント3点を確認してみましょう。

注意すべきポイント
業種や職種のリサーチ不足

市場や仕事の傾向によって、集まる人や、価値観が大きく異なる場合があります。

仕事に就く前に下調べをし、その分野の変動やプロセスを把握することが大切です。

また、個人が単独で働くことが求められるのか、それとも集団で行動することが求められるのかを知っておくようにしましょう。

自分が目指そうとしている職業の情報を事前にリサーチすることが非常に重要です。

注意すべきポイント
企業規模が前職と大きく異なる

組織の大きさによって、従事しなければならない業務や、意思決定の権限に大きな差が生じます。

その度合いは、入社する職場や部署によって異なるため、新しい会社で戸惑うことも予想されます。

転職する際は、組織の規模が自分の役割に大きく影響することを念頭に置いておきましょう。

注意すべきポイント
スピードだけを考えた転職活動

スピードを優先し、焦って転職をすると、自分に合わない職場に来てしまう可能性があります。

転職が長引いたり、突然退職したりすると、再就職のための他者との競争に巻き込まれます。

転職活動中は、時間を有効に使いましょう。

職場の雰囲気を知るためのチェックポイント

ここでは、職場の雰囲気を知るために事前にチェックポイントについて解説していきます。

チェックすべきポイント

  • 社員の構成比を確認
  • 求人掲載の頻度を確認
  • 口コミサイトを見る
  • 転職エージェントに聞く

気になる企業への応募を考えている方は、以下4点を確認しておきましょう。

チェックすべきポイント①
社員の構成比を確認

従業員数や年齢層など、会社の体質を調べる。

年齢層が高いほど継続性があり、雇用の安定性が高いことが伺えます。

また、上手く行っている企業は、人間関係が良好で、チーム間の絆が確立されています。

チェックすべきポイント②
求人掲載の頻度を確認

企業を評価する際に、求人掲載の頻度が重要な要素になります。

増員や新規事業の立ち上げによらず、定期的に求人広告を出している場合は、定着率が不十分な企業である可能性があります。

求人広告の掲載率は、会社を辞める人の数と相関していることが多く、人員配置の必要性からくる厳しい職場の雰囲気につながっています。

チェックすべきポイント③
口コミサイトをみる

ネット上の口コミサイトで、その企業に関する知識を得たり、職場の環境の全体像を把握したりすることができます。

場合によっては、実際にその企業に在籍していた人による、詳細で内容の濃いレポートにも出会えます。

しかし、そのようなサイトに掲載されている内容を鵜呑みにするのは禁物です。

あくまでも掲載者の個人的な感想であることを忘れてはいけません。

チェックすべきポイント④
転職エージェントに聞く

転職エージェントのような企業情報を豊富に持つ専門家から見識を得ることは、賢明な判断です。

転職エージェントは日々膨大な量のデータを蓄積していますので、必要な情報を得るためには転職エージェントを利用することが得策です。

自分に合った仕事を見つけるには、業界や仕事内容、ブランドを理解すること、職場環境を把握することが非常に重要です。

20代転職専門サポート

こんな悩みはありませんか?

  • 転職の準備って何をして良いのか分からない
  • 自分がどんな仕事に向いているのか分からない
  • 何社受けてもなかなか受からない

H&Hでは、そんな皆様の転職サポートをしております。

転職サポートを利用

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

H&H代表取締役 畑原啓伸

2019年7月11日、H&H株式会社設立
1984年生まれの1児パパ。
エンジニア→自動車整備→営業→エンジニア→経営者。

700名以上の方々からいただいた気づきを「ゼロから始める20代転職」として発信中!

「世の中をもっと面白くしたい」、「自身の人生をもっと面白くしたい」 そんな思いをもったわたしが先頭に立ち、皆さんと一緒に世の中を創っていく所存です。少しでも興味をもっていただけたら是非一度腹を割ってお話しましょう!!!

-豆知識