自衛隊の転職

自衛隊経験者の再就職先

2021年6月5日

防衛省 自衛隊

この記事で学べること

  • 自衛隊の転職先を選ぶ際に抑えるべきポイントとは?
  • 自衛隊が抱えている転職支援の課題点と対策方法とは?
ヒロ

自衛隊経験者の方で、再就職を考える方が少なからずいます。
今回は、自衛隊経験者の再就職先について見ていきたいと思います。

確かに、再就職先にどういった物があるのか気になります。
今回もよろしくお願いします。

転職希望
ヒロ

先ずは、自衛隊の転職先を選ぶ際に抑えるべきポイントから見ていきたいと思います。

自衛隊経験者の再就職先

自衛隊員の降下訓練
陸上自衛隊HPより引用

自衛隊の転職先を選ぶ際に抑えるべきポイント

自衛隊から転職・再就職するタイミングとして主に下記の3つが挙げられます。

  • 任期制自衛官任期満了
  • 定年退官をして辞める
  • 依願退職(中途退職)

令和2年度の退職予定自衛官として防衛省が発表したデータによると、依願退職は含めずに約5,300名の自衛官が、自衛隊から転職または再就職する予定だそうです。
自衛官候補生(任期制自衛官)と定年退官する若年定年制自衛官のほとんどは、職業能力開発設計集合訓練で、定年退職したあとのライフプランの作成や、労働情勢、再就職状況等に関する教育・訓練をうけて転職や、再就職していきます。

一方で、依願退職はその制度は使うことが原則できません。また、最近は就職援護を使わずに独自で転職先を開拓することもあるようです。定年退官する自衛官は、インターネットや、転職エージェントなどを活用し、再就職先の情報収集をおこない、転職活動をおこなっていきます。

どの業種、職種に転職しているかの正確なデータは一般向けには公開されていませんが、アウトソーシング会社が公表しているデータでは、下記のようになります。

1位:専門サービス業 24%

2位:製造・印刷業 13%

3位:情報・通信、運輸・物流業 12%

自衛隊が抱えている転職支援の課題点と対策方法

自衛官は、自衛隊を退職後、生活をしていけるだけの収入を得られるようにするため、より優秀な自衛官に入隊を促すために、転職および再就職支援活動をおこなっています。

しかし、民間企業での経験がある自衛官が少なかったり、転職や、再就職活動のために人員をあてられなかったり、退職予定の自衛官が転職活動に費やせる時間が少なくなってしまうなど、課題点が多くあります。
さらに、自衛官のほとんどは、転職経験がないので、自分にあった転職先の選び方を知りません。民間企業へ転職するも、原因は様々ですが、離職率が高く、転職や、再就職したことに後悔してしまう自衛官の方も多いそうです。

年齢別では、

  • 20~40歳代は65%
  • 50歳以上が約30%

若い自衛官ほど離職する傾向が高いことがわかることから、転職や、再就職したあとに、民間企業への転職で、企業とのミスマッチを起こしている可能性が高いと考えられます。

20代転職専門サポート

こんな悩みはありませんか?

  • 転職の準備って何をして良いのか分からない
  • 自分がどんな仕事に向いているのか分からない
  • 何社受けてもなかなか受からない

H&Hでは、そんな皆様と個別面談をさせていただき、転職のサポートをしております。

転職サポートを利用

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

H&H代表取締役 畑原啓伸

2019年7月11日、H&H株式会社設立
1984年生まれの1児パパ。
エンジニア→自動車整備→営業→エンジニア→経営者。

700名以上の方々からいただいた気づきを「ゼロから始める20代転職」として発信中!

「世の中をもっと面白くしたい」、「自身の人生をもっと面白くしたい」 そんな思いをもったわたしが先頭に立ち、皆さんと一緒に世の中を創っていく所存です。少しでも興味をもっていただけたら是非一度腹を割ってお話しましょう!!!

-自衛隊の転職
-, ,