転職活動ガイド | 退職~入社

会社を辞める時の理想的な退職理由の伝え方

2022年10月4日

退職理由の上手な伝え方

この記事で学べること

  • 退職理由の理想的な伝え方とは?

会社を辞める時に、理想的な退職理由の伝え方ってありますか?

転職希望
ヒロ

今回は、上司への退職意思の上手な伝え方について紹介します。

退職を決意したら、まずは上司に退職の意思をきちんと伝えることが大切です。

言い出しにくい、タイミングがつかめないと退職を伝えられずに時間が経過すると、スムーズに退職できなくなることもあるので要注意。

退職理由の理想的な伝え方

退職理由を伝える際の8つのポイント

退職理由を伝える際のポイント

  • 退職の意思は早めに伝える
  • 上司に直接退職の気持ちを伝える
  • 上司に退職理由を尋ねられた時の対応方法
  • 退職を引き止められたときの対応方法
  • 強い退職の意思を伝える
  • ネガティブな退職理由は伝えない
  • 退職希望日は受け入れてもらいやすい日を伝える
  • メールでは退職の意思を伝えない

退職の意思は早めに伝えよる

テレビドラマなどで、「今日で辞めさせてもらいます」と辞表を叩きつけるシーンを見ることがありますが、実際に退職するときにこういった態度をとるのはよくありません。

社会人として、職場に迷惑をかけず円満に退職するよう心がけたいですね。法律では、退職の旨を2週間前までに伝えることになっていますが、会社によっては「退職は1ヵ月前までに伝える」とった規定を設けていることもあります。

就業規則を確認した上で、スケジュールに余裕をもたせて早めに退職の意思を伝えておきましょう。

上司に直接退職の気持ちを伝える

退職の気持ちが固まったら、直属の上司に退職の意思と「いつ辞めるか」をはっきりと伝えましょう。上司に会議室などの静かな場所に来てもらい、直接退職の意思を伝えます。

人がたくさんいる場所で急に伝えるのではなく、話がある旨を伝えてお互い余裕をもって話せる環境にしましょう。言いづらい事ではありますが、電話やメールで退職を伝えるのは避けましょう。

「退職したくて」と上司に曖昧な態度で切り出すと「考え直してみては」と引き止められてしまう可能性もあります。

退職の意志がはっきりしているのであれば「○日までに退職を考えています」と、優柔不断な様子を見せずはっきりとした態度で伝えましょう。

上司に退職理由を尋ねられた時の対応方法

上司に退職の理由を聞かれることも多いです。このとき、現職への不平不満を伝えると円満な退職がしにくくなるので気をつけましょう。退職理由は「一身上の都合」「個人都合」とするのがベストです。

上司に具体的な事情を問われたときには「お世話になったので恐縮ですが」と感謝の気持ちを表明した上で「新しい分野にチャレンジしたい」「こういったキャリアを積みたい」と前向きな理由を伝えたいですね。

退職を引き止められたときの対応方法

上司に「退職は認められない」と言われたり、会社ぐるみで引き止められたりすることもあるかもしれません。しかし、退職の自由は民法で保障された正当な権利です。トラブルが起きたときには労働基準監督署で相談するとよいでしょう。

引き止めのために給与アップなどの好条件を提示されたりすることもあるものです。しかし一度退職を伝えてから会社に留まると、社内で気まずい思いをしたり、今後退職したいときにスムーズにいかなくなったりすることがあります。

退職の気持ちを固めたら、決断した気持ちを大事にして最後まで貫きましょう。職場に波風を立てないようにあらかじめ伝える準備をすることが、スムーズに退職するためのコツといえます。

業務の引き継ぎの時間を十分に確保するためにも、早めに退職の意思を伝えておきましょう。

強い退職の意思を伝える

たとえ強い引き止めに合った場合でも、あなた自身が揺らぐことなく、また上司にも引き下がってもらうために、退職の意思を強くもつ・見せることが重要です。

退職を決めているにもかかわらず、「実は退職を考えているのですが…」と相談ベースで伝えてしまうと、上司も引き止める余地があると考え、その後の交渉で不利な立場になってしまいます。

「退職を考えている」「退職を検討している」というように「まだ決心がついていない」ようなニュアンスで伝えるのではなく、退職への意思の固さをしっかりと伝えましょう。

ネガティブな退職理由は伝えない

退職理由が会社への不満や人間関係に関することなどネガティブなものである場合、それをストレートに伝えるのはNGです。

上司や会社側も、会社の悪い部分やネガティブなことをいわれてもいい気はしませんよね。

退社日までの間、ギスギスした雰囲気の中で過ごさなければいけなくなってしまうかもしれません。

会社が職場改善のために本音の退職理由を聞きたいという場合でもない限りは、ネガティブな理由を正直に伝えるメリットはありませんので、建前を上手く活用していきましょう。

退職希望日は受け入れてもらいやすい日を伝える

退職を伝える際、必ず退職希望日も合わせて伝えるようにしましょう。

万が一、引き継ぎや手続きに時間がかかってしまった場合、具体的な退職日を明らかにしていないと、退職日を後ろ倒しにされてしまうかもしれません。

必ず退職の意向を伝える段階で、退職希望日も明確に伝え、上司と相談するようにしましょう。

ただし、ここでは「〇〇月××日に退職します」と一方的に退職日を決めて伝えるのはNGです。

「〇月中には退職したい」「〇〇月××日までに対象する必要がある」と、相談ベースで希望日を伝え、引き継ぎのプロセスなども考慮しながら具体的な日にちを上司とすり合わせていくことが大切です。

メールでは退職の意思を伝えない

退職の意向を伝える際は、「直接だと気まずいから」と、メールで済ませるのはNGです。

法律的には問題ないものの、社会人としてのマナー的にはいささか疑問の残る対応だといえます。

上司にアポを取る段階ではメールでの調整でも可能ですが、実際に退職を申し出る際は、メールではなく必ず口頭で伝えましょう。

20代転職専門サポート

こんな悩みはありませんか?

  • 転職の準備って何をして良いのか分からない
  • 自分がどんな仕事に向いているのか分からない
  • 何社受けてもなかなか受からない

H&Hでは、そんな皆様と個別面談をさせていただき、転職のサポートをしております。

転職サポートを利用

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

H&H代表取締役 畑原啓伸

2019年7月11日、H&H株式会社設立
1984年生まれの1児パパ。
エンジニア→自動車整備→営業→エンジニア→経営者。

700名以上の方々からいただいた気づきを「ゼロから始める20代転職」として発信中!

「世の中をもっと面白くしたい」、「自身の人生をもっと面白くしたい」 そんな思いをもったわたしが先頭に立ち、皆さんと一緒に世の中を創っていく所存です。少しでも興味をもっていただけたら是非一度腹を割ってお話しましょう!!!

-転職活動ガイド | 退職~入社
-,