転職活動ガイド | 事前準備

転職成功をさせるスケジュールの立て方やポイントを解説

2022年11月17日

転職のスケジュール

この記事で学べること

  • 転職活動の主な流れや期間は?
  • スケジュールの立て方
  • 転職成功の鍵はスケジュール管理
  • スケジュール管理の注意点
  • 転職スケジュールが伸びてしまう原因は?
  • 入社日までに新卒がやっておくべきポイント

転職する際、どのようなスケジュールで転職活動を勧めていけばいいですか?

転職希望
ヒロ

転職は今後の人生を大きく左右する大きな決断になります。
そのような重要な選択を皆さんはどれくらいの期間をかけていますか?
今回は、そのような転職にかける期間やスケジュールの立て方について紹介していきます。
また、スケジュー管理をして転職を成功させましょう。

転職活動の平均期間をもとにポイント解説

あわせて読みたい記事

転職活動の主な流れや期間は?

転職活動をしていく上でスケジュール管理というのはとても重要なものです。

書類はいつまでに出さなくてはいけないのか、面接はいつなのか、現職の会社との兼ね合いは等のスケジュール管理はもちろんいつまでに転職活動を終わらせたいのか等、明確な計画をもって動くようにしましょう。

転職活動の流れ

まずは主な転職活動の流れは大きく分けて以下の通りです。

転職活動の流れ

  • 1.スケジュールを立てる
  • 2.自己分析や転職理由を明確にする
  • 3.情報収集・企業選定を行う
  • 4.求人に応募する
  • 5.面接を受ける
  • 6.内定獲得
  • 7.引継ぎ・退職手続きを行う

求人を探して応募して面接するだけが転職活動ではありません。転職成功に事前準備は必要不可欠です。しっかりと準備を行なってから動けるようにするためにも、まずは自分自身に合わせたスケジュール作成が重要になります。

転職活動の平均期間は?

転職活動の平均期間は3ヶ月だと言われています。大まかな内訳をみていきましょう。

1ヵ月目

最初の1ヶ月は転職活動の下準備の期間です。

履歴書や職務経歴書の作成など自分を見つめなおして、自分の長所や短所など面接で聞かれるような事について考えていく作業と共にどんな転職先がいいのかなど自分の希望を固めていきます。

ある程度希望が固まってきたら企業検索も行っておきましょう。色んなサイトから探したり、エージェントを利用する場合は自分の希望を的確に伝えます。

2ヵ月目

2ヶ月目は応募をしていきます。

本命の企業だけではなく、自分の希望に当てはまる企業を複数応募していきましょう。

採用面接というのは独特な雰囲気を持っており人事の方は意外なところをチェックしていたりするので、普段から人と話すのが慣れている方でもうまく話せない事や何気ない行動がよくない印象を与えるなんてこともあります。

面接を重ねていくことで、印象の良い伝え方や質問に対する回答も固まりうまく話せるようになってきますので、何回か面接を受けた後に本命に応募するというのも一つの方法です。

しかし、その場合は本命の選考が終わっていないのに他の企業の内定に対して入社意思の返答をしなくてはいけないという事も起こりえるので注意が必要です。

3ヵ月目

3ヶ月目は実際企業に応募をしてみて変わった考え方などを改めて見直して、それをもとにさらに企業に応募していきます。

この3ヶ月にプラス1ヶ月、現職の会社の引継ぎなどの期間を設ける場合が多く転職活動を始めてから4カ月ぐらいで転職を完了させる方が多いです。

スケジュールの立て方

転職活動の平均期間は3ヶ月といってきましたが、あくまで平均であってこれより早く決まる方もいれば長い時間かかってしまう方もいます。では実際スケジュールを立てるにはどうすればいいかを紹介します。

ゴールから逆算しよう

結論からいえばゴールから逆算して動けばいいのです。基本としては次の会社へ入社するまでの平均である4カ月前から行動を起こして、4カ月後にはしっかりと転職をするという強い決意を持ちましょう。

すぐにでも転職をしたいという方は4カ月後に定める必要はありません、焦りは禁物ですが転職は縁なので、最初に伺った企業が自分に合った企業である可能性もないわけではありません。

期間が短ければそれだけ集中して動くことができるといういい面もあるので、引継ぎなどの期間を考えたうえで最短のゴールを目指すというスケジュールの立て方もありです。

ゴールを決めたらそれまでには絶対に転職するという強い決意を持つという事が非常に重要になります。

ベストタイミングは在職中か退職後どっち?

スケジュールを立てる上で迷うことの一つが、在職中か退職後どちらで動けばいいかということでしょう。オススメは在職中の転職活動です。

現職と並行しながらとなると時間も限られている中で大変なこともありますが、やはり金銭面での安心感には代えられません。

焦って希望とは違うところに転職を決めてしまわないためにも、有給休暇や半休、夜の時間帯を使って在職中に転職活動を進めていきましょう。

とはいえ、もちろん時間がどうしても取れない方や精神的に追い詰められてしまっている場合はとりあえず退職してから動くことも1つの選択肢です。

自分自身の状況に合わせて適切なタイミングで動き出しましょう。

スタートに適した求人数の多い時期は?

なかなか自身のタイミングが決められない方は、求人数が増える時期も参考にしてください。企業の求人数が多いという事は選択肢が多いという事にもなります。

一般的に求人数が多いとされるのは2~3月、5~6月、9月~10月と言われています。これらは、年末・年度末での退職者の補充をする時期、企業が第二新卒を狙う時期、下半期に向けた経営戦略の変化に伴う人員確保の時期です。

では、その時期に向けてどのように動き出したらいいのかスケジュール管理について解説して行きます。

転職成功の鍵はスケジュール管理

応募~面接のスケジュール管理

スケジュール管理は転職活動を成功させるために非常に重要なことであり、特に在職中の転職活動を行う方は自由に使える時間がない分効率的に動かなくてはいけません。

効率的に動くには近い場所の企業は同日に面接を入れることが好ましいです。なので、面接地が近い企業には同じくらいのタイミングで応募するのがいいでしょう。

また面接は平日に行われることが多いのですが、現在も会社勤めをされている方の中には有休などを使って時間を作るのが難しいという方も多いと思います。

そんな方は遅い時間や土曜日の面接などを提案してみましょう。面接先の企業もあなたが忙しいという事は分かっているので、融通を利かしてくれるかもしれません。

仕事終わりに面接を入れる場合は、絶対に遅れないようにイレギュラーな残業などが起きにくい曜日を選択するように心がけましょう。

退職のスケジュール管理

転職先を探すスケジュールを管理するのと共に退職をするためのスケジュール管理も必要です。転職活動を始めると会社に迷惑をかける可能性があるので、始めるときに会社もしくは上司に報告するというのが理想です。

しかし転職を応援してくれる企業や上司だけではなく、むしろ退職を早めるなど転職活動に焦りを生んでしまうようなことになってしまう可能性があります。

会社や上司が転職に対してどんな印象かを理解したうえで事前に報告するかどうかを決めましょう。報告をしないのであれば、できるだけ転職活動をしていることを気取らせないように今まで通りに生活することを心がけて下さいね。

また、今抱えているプロジェクトなどがある方は、周りに迷惑をかけないようにできるだけ退職するまでに完遂できるような計画を立てましょう。

退職交渉を始めてから入社までは1.5ヶ月!

退職スケジュールを決めるために基準となるのが、転職先への入社日前1.5ヶ月です。

これは、転職先の企業に入社日を聞かれた際「2ヶ月以上かかるとお見送りになる」というケースが多い事が理由です。

せっかく内定が出ても承諾までに時間がかかりすぎた事で無効になってしまうケースもあります。

一方で、ハイクラス転職の場合は平均で3~4ヶ月と比較的長く待ってもらえる傾向にあるとされています。

ボーナスはもらってから

ボーナスをもらう月も逆算するうえでふまえておくと、トラブルを未然に防ぐ事ができます。

ただし、転職先の企業に「ボーナスをもらいたいから入社日を延ばしてほしい」と伝えるのはやめましょう。

報告は内定後に迅速に行う!

報告をしないで転職活動をしていた方が報告するタイミングは、内定が出た後というのが一番多いパターンです。

内定が出ていれば退職を早められてもそこまで苦になることはないので安心です。

決まり次第迅速に報告をしましょう。

スケジュール管理の注意点

詰め込み過ぎない

現職の仕事が忙しくあまり時間が取れない方は、空いている日に一気に予定を詰め込みたいという気持ちになると思います。しかし、あまり予定を詰めすぎると焦りがミスにつながることもあるので注意が必要です。

面接はほとんどの場合1時間程度で終わりますが、1時間と告知されていても1時間半程度に伸びる可能性も大いにあります。時間に余裕をもって行動できるスケジュールを立てましょう。

理想としては次に受ける会社について考える時間が30分~1時間程度直前に取れる状況が好ましいです。

前日にすべての企業についてしっかり調べていたとしても、受ける企業が複数あると情報が渋滞して間違ったことを面接で話してしまう可能性があるので直前の確認が欠かせません。

余裕をもって動いていたとしても時間に遅れそうになることはあります。その際はしっかり連絡を入れましょう。理由がしっかりとしていれば多少の時間変更や場合によっては日付変更をしてくれる場合もあります。

有休消化ができない

せっかく与えられた権利なので、退職する際に残っている有休はしっかりと消化してから退社したいですよね。しかし、新しい会社の勤務開始日をぎりぎりに設定している場合有休を使うことができない場合があります。

「退職届を退職する1ヶ月前に出すからその期間に有休を消化できる」と考えている人も多いかもしれませんが、実際はそんなにうまくはいきません。

なぜなら退職するときは引き継ぎ作業というものが必ずといっていいほど発生するからです。

簡単な引継ぎしかない方は1ヶ月の間に消化できるかもしれませんが、営業などお客さんの予定等も関係してくる場合はなかなか引継ぎが終わりません。

引継ぎは最低でも1ヶ月はかかると考えた方が良いので、退職日を決めるときは1ヶ月引継ぎともう1ヶ月有休消化といった感じで考えるといいでしょう。

転職スケジュールが伸びてしまう原因は?

STEP1.2の準備段階ができていない

逆算して設定した転職期間より長くかかってしまう方もいます。その場合は「転職活動の流れ」STEP1.2の「スケジュールを立てる」「自己分析や転職理由を明確にする」の段階ができていない事が大きな要因となっているケースが目立ちます。

特に転職理由という軸となる部分が明確になっていないと、応募先が定まらなかったり、スケジュールを組む事ができないといった問題が起こります。仮に内定をもらえたとしても転職に踏み切る決断ができません。

こういったトラブルを避けるために、順を追って計画的に準備を進めていく事が肝心です。

最短で転職する方法は?

最も早く転職活動を進め、終わらせる方法は、1社に応募してその1社に内定をもらう事です。希望に沿った「どうしても入社したい1社」を決めて、その企業のために応募書類を作成するため、転職にかける期間は最短になります。

そのためにも、やはりまずは自身の転職理由や方向性をしっかりと明確にするという事がいかに大事かが分かるのではないでしょうか。これは1社のみとまではいかなくとも、転職活動期間を不必要に長引かせないためにも必要と言えます。

入社日までに新卒がやっておくべきポイント

入社日までに新卒がやっておくべきポイントは、以下の4つがあります。

入社日までに新卒がやっておくべきポイント

  • 入社する企業・職種・業界についての調査
  • 仕事内容を想定して業務に役立ちそうな勉強をしておく
  • 規則正しい生活習慣に整える
  • 基本的なパソコン操作を覚えておく

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

入社する企業・職種・業界についての調査

入社する企業や職種、業界についての調査は重要です。

もちろん就職活動の際に、一度は行っている人がほとんどだと思いますが、内定が出てから入社までの期間が長いケースも多いでしょう。

そのため、入社までに何も行わなければ、就職活動で勉強した内容を忘れてしまう可能性があります。

実際に入社してからは新人研修や、配属後は業務が始まるので、職種や業界についての調査をする時間も取りづらくなります。

入社までの期間で、企業や職種、業界についてもう一度調査を行うことがおすすめです。

【例文付き】新卒就活で必ず聞かれる学生時代に頑張ったことの解答方法!

仕事内容を想定して業務に役立ちそうな勉強をしておく

実際に、入社後の業務に役立つことを勉強しておくのもおすすめです。

企業によって入社後どのような業務になるかは決まっているところと、そうでないところがあるでしょう。

それでも、入社後の仕事内容として、最低限必要なことは決まっています。

入社前に実務に活かせるスキルを学んでおくと、入社後に少しは余裕が生まれます。

新卒で入社してからの1年目は、仕事に慣れることに精一杯で、時間がいくらあっても足りないと感じる人も多いです。よって、入社前にできることをみつけて、少しでも勉強しておくのがよいでしょう。

規則正しい生活習慣に整える

規則正しい生活習慣に慣れておくことは重要です。学生のうちは生活習慣が乱れていたり、そこまで気を遣わず過ごしていたという人も多いでしょう。

しかし、社会人になると、朝早く起きて、会社に出社する必要があります。入社前に早寝早起きの習慣をつけていないと、入社してからかなり苦労します。

また、配属後業務が始まると残業が発生して、帰りの時間が遅くなり、生活習慣が乱れやすくなります。

入社前に規則正しい生活習慣に、整えられるようにしておきましょう。

基本的なパソコン操作を覚えておく

基本的なパソコン操作は、社会人として必要不可欠です。

実際に、業務で使用する予定がなくても、思わぬところでパソコンを使用する機会が出てくるかもしれません。

主に必要なスキルは、以下のようなものがあります。

必要なスキル

  • タイピング
  • Word(ワード)
  • EXCEL(エクセル)
  • PowerPoint(パワーポイント)
  • メール
  • チャットソフト

上記のようなものは、業界や職種問わず使用する機会が多くあります。

パソコンが苦手な人は入社前の時間がある期間で、最低限の操作に慣れておくようにしましょう。

最後に

スケジュール管理ができるかどうかによって転職の成功率が大きく変わってきます。

しっかりスケジュールを立てて動かないとダラダラ長引いてしまう場合や不利益を被ることもあるので、しっかりスタートからゴールまでの予定を立ててやり遂げて下さいね。

また、せっかく予定をしっかり立てても簡単な情報は覚えることができるからとメモを取っていないと大きなミスにもつながりかねないので、アプリなど簡単に管理することができるツールを使って転職を成功させてください。

20代転職専門サポート

こんな悩みはありませんか?

  • 転職の準備って何をして良いのか分からない
  • 自分がどんな仕事に向いているのか分からない
  • 何社受けてもなかなか受からない

H&Hでは、そんな皆様と個別面談をさせていただき、転職のサポートをしております。

転職サポートを利用

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

H&H代表取締役 畑原啓伸

2019年7月11日、H&H株式会社設立
1984年生まれの1児パパ。
エンジニア→自動車整備→営業→エンジニア→経営者。

700名以上の方々からいただいた気づきを「ゼロから始める20代転職」として発信中!

「世の中をもっと面白くしたい」、「自身の人生をもっと面白くしたい」 そんな思いをもったわたしが先頭に立ち、皆さんと一緒に世の中を創っていく所存です。少しでも興味をもっていただけたら是非一度腹を割ってお話しましょう!!!

-転職活動ガイド | 事前準備
-