給与・年収

【給与・年収】営業職の給与・年収や手取り額

営業職の給料・年収を解説します。

  • 営業職の平均給料・給与 30万円
  • 営業職の平均年収
  • 370万円~485万円
  • 20代の給料:15万円
  • 30代の給料:25万円
  • 40代の給料:35万円
  • 初任給:15~万円

給与年収については補足参照
※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

営業職の給料・年収補足

20代の給料:15万円~25万円(推定)
30代の給料:25万円~35万円(推定)
40代の給料:35万円~40万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
380万円~470万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:20万円~35万円(月収)
東京の求人調査結果:18万円~30万円(月収)
大阪の求人調査結果:20万円~30万円(月収)
福岡の求人調査結果:20万円~45万円(月収)
 
基本営業職はインセンティブ制度のためかなり差がでます。やり手の営業マンだと年収は1000万円を超える人も多いようです。

営業職の仕事内容

営業の仕事は、まず情報収集です。

営業先のニーズや課題など、自社の商品やサービスについて提案するために必要になる情報を集めます。

また、担当者の名前や人柄などについても調べなければなりません。

以上の情報をしっかりと集めて、営業をかけるのです。

アポイントメント先は営業先の競合や企業ホームページなどから調べます。

新規開拓するための営業であれば、まず電話でのアポイントを行いますよ。

飛び込み営業というアポ無しの訪問による営業もありますが、基本的には電話でアポをとってから営業に向かうのです。
 
そして、営業先に赴いて、提案資料を元にして提案を行います。

営業職という言葉で真っ先に思い浮かぶ仕事が、この仕事かもしれませんね。

コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力などを発揮して、しっかりとプレゼンをします。

複数回提案をすることがほとんどで、何度も営業に足を運ばなければならないのです。
 
提案の際、見積もりも行います。

また、提案の前に提案資料作りなどさまざまな仕事がありますが、これは営業事務が代理で作成することもあるようですね。

また、契約がとれたら商品の受注発注処理を営業マンが自分で行うこともありますよ。

営業職の仕事の面白さ・向いてる性格

営業職は、大変なことも多い仕事ですが、営業職にはたくさんの面白さ・やりがいがあるのです。

営業ほど面白くてやりがいのある仕事は無いのだと断言する人もいますよ。

まず、自分の営業成績や評価というのが、企業利益に反映されるというのが面白いポイントです。

それによって、自分の収入にも関係してきます。
 
高い営業成績を出せば出すほど、会社に貢献でき、自分の収入もあがるのです。

出来高というわけではありませんが、自分の能力や努力によって収入が左右されるのは面白いですよね。

自分よりも高学歴の人よりも評価が高くなれば、とても高い快感を得られます。
 
ただ、会社の顔としてお客様と接することになるため、責任感のある性格の人でなければなりません。

コミュニケーション能力が高く、責任感があり、決して会社の印象を悪くしない人。

人当たりの良い性格であるという評価を受けたことのある人は、向いていると言えるでしょう。

営業職の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
12万円~30万円となりそうです。

営業職の給料ランキング(企業5社)

営業職になるのには、法的に必要な資格というものがありません。

ただ、営業職になるからには、資格を取得しておくことをおすすめします。

まず、不動産会社の営業になりたいというのであれば、契約書を交わすために、宅建主任者の資格をとらなければならないのです。
 
それ以外であったとしても、何かしらの資格を取っていた場合には資格手当が貰えます。

扱っている商品やサービス、企業によっては、TOEICなどの語学関連の資格や販売士の資格や簿記の資格なども評価され、給料に繋がることがありますよ。

営業職って資格は何か必要なの?

営業職の平均年収が高い企業を、5社紹介します。
まずはトップから、日本M&Aセンターです。
平均年収は1,412万円。
平均でこの数字なので、とても高い水準なことがわかるでしょう。
 
次にトップ2。
ヒューリックで、平均年収は1,268万円です。
M&Aからはとても大きな差が開いてしまっていますが、それでも高い水準ですね。
 
次にトップ3。
ランドビジネスで、平均年収は1,184万円です。
トップ4はMS&ADインシュアランスグループHDで、1,119万円。
トップ5はスカパーJSATHDで、1,107万円となっています。

高収入営業職ってどんな業種に多いの?

営業といっても、さまざまな業種の営業職がありますよね。

医療機器メーカーの営業、証券会社の営業など様々な物があります。

MRは営業職とは微妙に違うのですが、世間一般的には営業職だといわれているため、営業職としてカウントしましょう。
 
高収入の営業ですが、やはり製薬会社のMRや証券会社の営業は高収入なようですね。

MRというのは、厳密には薬の副作用の情報を収集して提供するという役割の仕事で、営業とは若干異なります。

自社商品を提案することもありますが、他の企業の営業とは違い、そこまで必死にアピールすることはありません。

こういう効果がある薬だという情報を伝える仕事です。

その結果として薬を置いてもらえるとなれば、それはそれで良いですが、自社商品をおすすめする立場ではありません。

薬の適正利用を促すために情報提供をする仕事です。
 
年収は700万円程度といわれています。

薬剤師がなることも多いですが、薬学に関係の無い学部であってもMRの職に就くことが可能です。
 
証券会社は年収500万円から600万円程度と言われています。

一般的にも高収入と言われているため、イメージしやすいですよね。

あとは医療機器メーカーの営業も高収入といわれており、600万円程度の年収があります。

▼その他の【給与・年収】を知りたい方はこちら▼


\最速1分でお問い合わせ/

転職相談はこちら

本サービスを利用する場合、利用規約に同意したものとみなします。

-給与・年収
-, ,