転職活動の基礎知識

派遣の違い「登録型派遣」と「常用型派遣」

派遣社員の違い

みなさんは「人材派遣」という仕組みが、大きく「登録型派遣」と「常用型派遣」という2つの種類に分かれているのをご存知でしょうか。今回は、仕組みの違いがわかりにくいと言われるこれら「登録型派遣」と「常用型派遣」について見ていくことにしましょう。

「登録型派遣」と「常用型派遣」の違いとは?

派遣先での就業期間中のみ雇用関係が発生する「登録型派遣」

「人材派遣」という言葉を耳にした時、どのような就業形態をイメージされるでしょうか?おそらく多くの方がイメージされているのは「登録型派遣」の形態かと思われます。「登録型派遣」の多くは、働こうとする方が、派遣会社にエントリーするところから始まります。

派遣会社からお仕事を案内されて就業決定し、派遣先企業と派遣会社間で結ばれる派遣契約と等しい期間だけ派遣会社と雇用契約を結ぶ形態です。派遣期間が終了したら、雇用契約は終了となります。その後、同じ派遣会社から派遣される場合も、あらためて雇用契約を結ぶことになります。

自分のライフスタイルにあわせて希望の時間や期間のお仕事を選べることが、「登録型派遣」のメリットのひとつです。大手派遣会社の「派遣」は、この「登録型派遣」を指すことが多いようです。

派遣会社の社員として派遣先に常駐する「常用型派遣」

一方、「常用型派遣」という制度は、派遣会社の社員として常時雇用している社員を企業に派遣する仕組みです。「派遣」と「常用」という言葉の組みあわせに戸惑う方がいるかもしれません。これは「登録型派遣」と違い、派遣先企業での就業期間が終了しても、派遣会社と雇用関係は継続しており、雇用関係は終了することなく新たな企業に派遣されます。もし、新たな派遣先がすぐに見つからない場合でも次の派遣先が見つかるまで給与が支払われます。

「常用型派遣」は専門性を有していて、なおかつ優秀な人材を柔軟に活用したいという企業のニーズにマッチするべく、比較的長期のプロジェクトを抱える研究機関や、情報技術、メーカーの開発部門、設備の工事管理、生産管理など技術系を中心に広く利用されています。

「常用型派遣」に多い職種を挙げると、理系の専門分野が多い印象があるかもしれませんが、経理などの事務系や人事などの管理系や販売のプロフェッショナルを募集しているところもあります。

「常用型派遣」のメリットは?

  • 幅広い経験を積むことが出来る
  • 研修や実習制度が充実
  • 金銭面で待遇が良い
  • 雇用が安定している
  • 正社員と派遣の良いとこどり

幅広い経験を積むことが出来る

「常用型派遣」で働く最大のメリットは、雇用が安定していることです。 「常用型派遣」は、高い専門技能を持っている人に特にお勧めの働き方です。ひとつのプロジェクトが終了するたび達成感を得られ、また新鮮な気持ちで違う企業へ向かうことができますし、同じ技能をさまざまな場所で発揮できるということは、幅広い経験を積むことができるはずです。

研修や実習制度が充実

研修や実習が充実していることが挙げられます。そのため、エンジニア職などに挑戦したい未経験の人でも、実習制度がしっかりしている派遣元企業に入れば、派遣先で戦力となるスキルを身につけられるでしょう。
「スキルのない未経験だけど、△△の仕事に挑戦してみたい」という人は、希望業界へ積極的に派遣を行っている派遣元を探してみるのがおすすめ。研修制度がしっかりしている企業を見つければ、自分のやりたいことに挑戦できるはずです。

金銭面で待遇が良い

常用型は金銭面での待遇が良いのも特徴です。給料が基本的には月給となるため、登録型とは違って無給の待機期間がありません。登録型の場合、無給の期間が長引くと休業手当の手取りは6割まで減る可能性はありますが、常用型の場合には派遣先で働いていない期間も給料がもらえます。ボーナスや交通費といった手当もあり、待遇が良いのが一般的です。

雇用が安定している

契約が切れたら雇用の無くなる登録型と違い、常用型は退職するまで雇用期間が続きます。派遣会社の社員となるため、登録型に比べると雇用が安定していますね。また、年末年始やGWであってもお給料がもらえるため、登録型に比べて1ヶ月あたりの給料が多い特徴があります。

正社員と派遣社員の良いとこどり

特定分野での豊かなスキルアップが期待できます。「 常用型派遣」は、正社員と派遣社員、それぞれのメリットを備えた働き方であるといえるでしょう。

「常用型派遣」に向いている人の3つの特徴

雇用や給与の安定感を求める人

「常用型派遣」は月給制がほとんどのため、正社員と同等で安定した収入を得たい方におすすめです。毎月安定した収入があれば、経済的な不安なく働けます。心に余裕をもちながら、仕事とプライベートを充実させたい方にも向いているでしょう。

福利厚生や賞与をしっかりもらいたい人

「常用型派遣」は、派遣先企業の正社員と同様にボーナスや昇給、交通費などの福利厚生が受けられます。また、産休育休が取得しやすいところもあるので、ライフステージの変化に伴って働きたい方にもおすすめです。

スキルを積んで一つの企業で長期的に働きたい人

「常用型派遣」は、基本的に3年以上同一の派遣先企業で働けます。また、専門性のある業務が多いことから、長期的に働いて経験を積むことが可能です。特定分野でのスキルアップが図れるので、自身の目的に合わせてしっかりと成長したい方に向いているでしょう。

その他の特徴

  • オンもオフも大事にしたい
  • 社員として仕事をしたい
  • 未経験からエンジニアとして働きたい
  • 未経験から事務職に挑戦したい

「常用型派遣」のデメリット

派遣会社の採用試験を受ける必要があります。比較的メリットの多い「常用型派遣」ですが、採用試験を突破しなければ「常用型派遣」として働けないことがデメリットとして挙げられるでしょう。「登録型派遣」の場合、派遣会社に行って登録だけ済ませれば、派遣先の紹介を受けることが可能ですが、「常用型派遣」は派遣会社の社員として働くので、しっかりとした採用試験を受ける必要があります。また、選考に時間を要するため、働き始めるまでに時間がかかるのもデメリットの一つです。

-転職活動の基礎知識
-, , , ,