給与・年収

【給与・年収】ラーメン屋の給与・年収や手取り額

ラーメン屋の給料・年収を解説します。

  • ラーメン屋の平均給料・給与 24.3万円
  • ラーメン屋の平均年収
  • 301.6万円~393.8万円
  • 20代の給料:20万円
  • 30代の給料:25万円
  • 40代の給料:28万円
  • 初任給:16~万円

給料については補足を参照ください
※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ラーメン屋の給料・年収補足

20代の給料:20万円~25万円(推定)
30代の給料:25万円~29万円(推定)
40代の給料:28万円~33万円(推定)

さらにラーメン屋の店長にラーメン屋で働く社員や、アルバイトと雇用形態も異なります。

ネット上の求人サイトを見るとラーメン屋の店長だとお店の規模にもよりますが月に26万円から30万円程度の給料で募集していて、社員だと月に24万円から26万円程度の給料で募集しています。
学歴不問で調理経験がまったくない飲食店未経験でもOKというところがほとんどで、法人であれば年間に1か月から2か月程度のボーナスが支給されるラーメン屋もあるようです。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
320万円~340万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:15万円~28万円(月収)
東京の求人調査結果:20万円~35万円(月収)
大阪の求人調査結果:19万円~34万円(月収)
福岡の求人調査結果:16万円~27万円(月収)

ラーメン屋の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
22万円~25万円となりそうです。

店長・社員・アルバイト、開業ラーメン屋店主のそれぞれの年収

ラーメン屋の店主の年収:500万円~
ラーメン屋の店長の年収:364万円~420万円
ラーメン屋の社員の年収:336万円~360万円
ラーメン屋のアルバイトの年収:192万円~230万円
 
辛いラーメンで有名な中本だと繁盛店の店長クラスで月収100万円なるとテレビで放送されていました。開業して人気店の店主になれば、1000万円を超えるのは簡単になるそうです。

ラーメン屋の仕事内容

ラーメン屋の仕事内容は大きく接客がメインのホールと、お客様から注文を受けてラーメンを作る調理の2つ分かれます。

ホール担当の仕事内容は開店前の店内の清掃から始まり、お客様が来店されたならば空いている席へお客様を誘導し水やおしぼりを出します。

そしてお客様から注文を受けてそれを厨房に伝えますが、厨房がなくカウンターだけのラーメン屋の場合はその場からオーダーを通します。

ラーメンを作る調理担当の場合は開店前の具材の仕込みや、ラーメンの命とも言えるスープ作から始まります。

お客様が来店され注文されたラーメンを作りますが、スープの温度調整や忙しい時でもラーメンの味を落とさないように細心の注意を払います。

お店が終わればホール担当は店内の清掃を行い、調理担当は在庫の確認作業や発注などを行います。

ラーメン屋になるには?【資格・試験難易度】

ラーメン屋になるには先ずは自分が好きなラーメン屋で働いてみて、ラーメンを作る調理方法だけでなく材料の仕入先なども知る必要があります。

また実際にラーメン屋で働くことで、お客様の好みからさまざまな問題点も見えてきます。

そしてラーメン屋の経営に関して一通りのことが分かれば次にラーメンをどこで開くか立地の選定や、ラーメン以外のサイドメニューをどうするかや営業時間などを決めます。

一通りのアウトラインが決まれば次に資金計画や収支計画の作成を行い、もし資金が不足する場合は銀行や信用金庫などに相談します。

資金の目途がつき立地の選定も済めば保健所などで飲食店に必要な許可証の申請を行います。

ラーメン屋の求人の見つけ方

ラーメン屋の求人の見つけ方は比較的に簡単で、地方だとハローワークや求人誌などでも探せます。

最近ではハローワークや求人誌などでなくても、ネット上の求人サイトでもラーメン屋の求人を探せます。

ネット上のラーメン屋の求人募集を見ると学歴不問のところがほとんどで、ラーメンの調理経験がまったくない未経験者でも大歓迎と記載されています。

ただ元気があって笑顔でやる気がある人であれば、未経験者でも採用される可能性は高いようです。

▼その他の【給与・年収】を知りたい方はこちら▼


\最速1分でお問い合わせ/

転職相談はこちら

本サービスを利用する場合、利用規約に同意したものとみなします。

-給与・年収
-, , ,