豆知識

20代男性 転職の失敗例や成功させる方法を解説!

20代男性の転職事情とは?転職の失敗例や成功させる方法を解説!

20代男性が転職を考えた時に、様々な不安や悩みを感じていると思います。転職は人生の中でも大きなイベントなので、絶対に失敗したくないですよね。転職に失敗してしまうと、仕事が合わずに早期退職してしまい、再び転職をしなければならなくなります。

また、転職回数が多くなると、経歴に傷がついてしまいその後のキャリアに悪影響を及ぼすリスクもあります。今回の記事では、20代男性の転職事情や転職の失敗例、成功するポイントなどを解説していきます。

  • 20代男性の転職事情
  • 給料に不満がある。
  • 人間関係が嫌だ。
  • 仕事内容があっていないと感じる。
  • やりたい仕事がある。
  • etc…

転職を希望する理由は、人それぞれですが転職を焦ってはいけません。まずは自分の置かれている転職事情を把握しましょう。

20代男性は転職しやすい年代

20代での転職は、男女問わずに増加しています。新卒の獲得には、どこの企業も苦戦しています。そのため中途転職市場でも20代の若い世代は人気になり、たくさんの企業が20代を積極的に採用しています。

長期的に勤務してほしい、自社でキャリアを形成して欲しいと考えているからです。そのため、20代の転職は他の年代に比べて、比較的転職がしやすい年代と言えます。

また、男女別に平均勤続年数を比較した時に約4年ほど男性の方が勤続年数が長いデータを厚生労働省が出しています。「長期的に勤務してほしい」企業の考えと、よりマッチいしているため、20代のなかでも特に男性は、転職に有利になります。

年収UPなどのポジティブな理由であっても、人間関係を変えたいなどのネガティブな理由であっても、20代は絶好の転職チャンスと言えます。

20代前半の転職では、スキルや経歴をあまり重視されない?

20代前半の転職の採用基準は、「ポテンシャル」です。つまりスキルや経歴をそこまで重視されないのです。

20代前半は、社会人としての経験が浅く、転職の中でアピールできそうなスキルや経歴を持っている人が少ないです。そのため、20代前半の男性は、自信を持って転職活動に踏み出せない人が多い傾向にあります。

しかし、企業が20代前半に求めているのは、ポテンシャルです。業務や業界に対しての知識やスキルがあるに越したことはありません。

ですが採用段階で即戦力ではなく、ある程度の育成・教育機関を設ける前提で採用しています。入社してからどのような仕事をしていきたいのかを、明確に伝えて仕事の呑み込みの早さをアピールしましょう。

もちろん、20代前半でもスキルに自信があるならキャリアアップを狙った転職も可能です。

20代前半は「第二新卒」

第二新卒を明確に定義づける期間は存在しません。

おおよそ大学卒業から3年以内の求職者のことを指します。最低限のビジネススキルは前職で身につけているため、教育コストがかからないことが魅力とされています。

自分の仕事のやり方を見つける前に退職しているため、前職の企業に染まっていないことが多く、年齢的にも若いので会社にも馴染みやすいことも企業に需要があるようです。

第二新卒の定義は会社によって異なるため、求人の募集要項などで確認必須ですが、第二新卒の枠を狙って、転職するのもありでしょう。

\最速1分でお問い合わせ/

転職相談はこちら

本サービスを利用する場合、利用規約に同意したものとみなします。

次のページへ >

-豆知識
-, , ,