転職

【転職】派遣会社への転職について

志望動機の書き方!採用担当の心をつかむポイント

志望動機の書き方!採用担当の心をつかむポイント

「派遣会社の正社員の仕事に興味はあるけど、いざ志望動機を書こうとすると自分の考えがまとまらない…。志望動機、みんなどうやって書いているのだろう」そんな悩みを抱いたことはありませんか?何となく興味はあっても、いざ文章にまとめようとすると難しいものですよね。

そこで今回は、派遣会社の正社員を志望されているあなたのために、採用担当の心をグッとつかむ志望動機の書き方を伝授!派遣会社が志望動機のどこを見ているのか、そもそもどんな会社があるのか、そして具体的にどうやって志望動機を書けばよいのか、例文集とあわせて解説していきます。

派遣会社がチェックしている志望動機のポイント

「なぜ入社したいのか」をハッキリ伝えることです。世の中には数多くの企業があり、数多くの求人があります。特に最近では景気の回復に伴い求人数も増加しており、かつてより仕事が選びやすくなってきました。そのような中で、企業は「なぜ、他社ではなく、うちの会社を志望しているのか」という理由を知りたがっています。ここが不明確だと、「本当は他に行きたい会社があるのではないか」「入社してもすぐに辞めてしまうのではないか」と判断されてしまいかねません。そこで、次の点を意識しましょう。

  • なぜ、派遣会社を志望しているのか。
  • なぜ、何社もある派遣会社の中で、その会社を志望しているのか。

「他社で出来なくて、ここだと出来ること」を自分の言葉でハッキリまとめることができたら、採用担当からの評価もグッと上がるはずです。

「採用すると、どんなメリットがあるのか」をハッキリ伝える。
あなたの気持ちを伝えることはもちろん大切ですが、それだけでなく、「あなたを採用するとどんなメリットがあるのか」も合わせて伝えられると、さらに高い評価を得られるでしょう。企業は時間やお金をかけて採用活動を行なっています。できるだけ採用に失敗はしたくないからこそ、「この人なら活躍できそうだな」と予め判断できるような志望動機を求めているのです。ぜひ、あなたのこれまでの経験や培ってきたスキルをふまえて、会社に対してどんな貢献ができるのかまずは箇条書きにしてまとめてみましょう。

派遣会社を目指す方、必見!こんな志望動機はNG!

  • ネガティブな転職理由も書いてしまう。
  • 給料や休日、福利厚生ばかり強調してしまう。
  • 会社をスキルアップの手段として考えている。

ネガティブな転職理由も書いてしまう

「今の職場は残業時間が長くて、大変だから」「職場の人間関係が良くないから」「仕事が単調でつまらないから」といったネガティブな転職理由を書くと、採用担当に「この人は、嫌なことがあるとすぐに転職してしまうのかな」と判断されてしまうかもしれません。志望動機はあくまで前向きに書きましょう。

給料や休日、福利厚生ばかり強調してしまう。

お給料や休日、福利厚生も仕事選びの上ではとても大切な要素。ですが、待遇面ばかり強調してしまっている志望動機だと採用担当側もあまりいい印象は受けないものです。志望動機ではあくまで「その会社の、その仕事に、どういった魅力を感じたのか」といった点でまとめておいたほうが無難です。

会社をスキルアップの手段として考えている

「スキルアップのため、転職を考えている」というケースもきっと多いことでしょう。前向きで向上心があって一見すると良さそうな印象を受けますが、これも実は注意が必要です。スキルアップはあくまで入社した自分にとってのメリットであり、企業に取ってのメリットではありません。
「自分がスキルアップすることで、最終的にその企業にどういったメリットがもたらせるのか」といったことまで、きちんと説明したほうが良いでしょう。

\最速1分でお問い合わせ/

転職相談はこちら

本サービスを利用する場合、利用規約に同意したものとみなします。

次のページへ >

-転職
-, ,