転職

【転職】雇用保険の加入とは?

雇用保険の加入と手続き方法

雇用保険の加入の手続きは、事業主が管轄内のハローワーク窓口で行います。そのため、従業員側が自ら出向いて行う必要はありません。事業主が初めて労働者を雇う際は、「雇用保険被保険者資格取得届」と同時に「事業所設置届」の提出義務があります。手続きが完了したら、「雇用保険被保険者証」と「雇用保険資格取得等確認通知書」が交付されるため、労働者側も雇用保険の加入が済んだことを確認可能です。

雇用保険とは

雇用保険とは日本政府が統括する制度で、失業後から再就職までの生活を支える公的保険のこと。退職後も経済的に困ることなく、安心して就職活動を行えるようにするものです。労働者を雇用する事業主は、基本的に雇用保険の加入義務があります。給付条件や受給するまでの期間は、人によって異なるのが一般的です。

雇用保険加入手続きに必要な書類

ここでは、雇用保険の加入手続きに必要な書類と、手元にない場合の流れをご紹介します。

雇用保険被保険者証

雇用保険の加入手続きには、「雇用保険被保険者証」が必要です。基本的に会社が保管しているものであり、退職する際に手渡されます。退職するまでは、ほぼ目にすることがないものです。
雇用保険被保険者証には、以下の内容が記載されています。

  • 被保険者番号
  • 氏名
  • 生年月日
  • 資格取得日
  • 事業所名

被保険者番号は、一人に対して1つ与えられます。雇用保険は再就職先でも引き継がれるため、雇用保険被保険者証は、転職時の入社手続きに必要な書類です。離職票と混同されやすい書類ですが、離職票は退職したことを証明するためのもの。転職先に提出する必要はありません。

雇用保険被保険者証が手元にない場合

雇用保険被保険者証を紛失してしまい手元にない場合、管轄内のハローワークで再発行の手続きをする必要があります。再発行に必要な物は、「本人確認書類」「前職の社名や所在地が載っているもの」「自分の印鑑」などです。
申請すれば、当日中に再発行されます。ただし、ハローワークによって可能な時間は異なるので、事前に確認しておきましょう。また、再発行は郵送やインターネットによる電子申請でも手続きできます。退職した会社から受け取っていない場合は、職場に問い合わせてください。

雇用側が準備する書類は複数ある

会社側が雇用保険の加入手続きをするには、下記に挙げた複数の書類が必要になります。

  • 雇用保険適用事業所設置届
  • 雇用保険被保険者証・労働保険関係成立届の控え
  • 被保険者資格取得届
  • 開業届、営業許可証
  • 法人登記簿謄本もしくは登記事項証明書
  • 雇入通知書、雇用契約書
  • 建物登記簿謄本または賃貸借契約書
  • 出勤簿やタイムカード
  • 労働者名簿
  • 賃金台帳

上記のように従業員の雇用保険加入にあたって事業主が準備する書類は多く、そろっていないと正しく手続きがされません。手続きは、従業員を雇用した翌日から10日以内に行う必要があります。

\最速1分でお問い合わせ/

転職相談はこちら

本サービスを利用する場合、利用規約に同意したものとみなします。

次のページへ >

-転職
-, ,