転職

【転職完全ガイド】プロが教える成功ポイント20代偏

20代の転職戦略ポイント

20代はまだまだ伸び代がある年齢で、企業もじっくり育てようとするため、20代での転職は一般的に有利とされています。

しかしながら同じ20代でも23歳と29歳では企業が求めるニーズが180度違ってくるため、年齢(社会経験)に応じて、どんな戦略で転職活動を行なうかを考えなければいけません。

そこで、まずは年齢(社会経験)に応じてどんな戦略を取るべきかを紹介していきます。

年齢(社会経験)戦略ポイント
社会人1~2年目
(目安23~24歳前後)
会社にまずは3年目まで残ることを検討。
それでも耐えられなければ第二新卒としてポテンシャルをアピールし転職。
社会人3年目
(目安25歳前後)
第二新卒としてのポジションをフルに活かして転職活動を行う。
社会人4~5年目
(目安26~27歳前後)
ポテンシャルを活かしつつ、経験をアピールしてキャリアアップを狙う。
未経験の職種や業種も視野に入れる。
社会人6年目~
(目安28歳~29歳)
スキルや実績を押し出して即戦力をアピールしてキャリアアップを狙う。
若さを売りにするラストチャンス。
今はアルバイトや契約社員未経験でも不利になりにくい業種・業界を狙い、ポテンシャルをアピール。

社会人1~2年目が取るべき戦略

最もいい転職をするためにも3年目までは転職を我慢することがおすすめです。

第二新卒という言葉もありますが、このタイミングでの転職は一般的に以下の2点の理由から不利になるからです。

スキルや経験がついていない状態だから
採用担当者は「また辞めてしまうのではないか」と心配するから

スキルや経験がついていない状態だから

第二新卒といえど企業が中途で人を採用するのは「他社で社会人としての基礎を身につけた人材が欲しい」からです。

しかしながら、2年目までの方(特に1年目の方)は十分な基礎力が身についていないと判断されていい評価を受けにくいです。

採用担当者は「また辞めてしまうのではないか」と心配するから

辞める理由にもよりますが、2年目までの方が選考を受けると企業の採用担当者は「採用してもまたすぐに辞めてしまうのではないか」「ちょっとしたことを我慢することができない人なのではないか」という疑問を持ってしまいます。

「とりあえず3年」という言葉もある通り、どんな環境であってもまずは3年目までは頑張ってみることがそれからの転職活動で成功するためには大切です。

社会人3年目が取るべき戦略

社会人3年目は第二新卒の中でも実績やスキルがある程度考慮されるため、最も転職がしやすい年齢の一つです。

第二新卒として転職活動をすればライバルは1~2年目の社会人も多い中で、「3年目まで培ったスキルや経験」を活かして差別化できるはずです。

また異職種や異業種に転職するタイミングとしてもちょうどいいため、違う業種や職種に興味があればチャレンジしてみるのも一つの手段です。

学歴を乗り越えるチャンスも!

新卒採用では学歴が大きく影響していましたが、第二新卒の場合は「社会人になってから何をしていたか」で評価されるため学歴は大きな影響を与えにくいです。

第二新卒での中でも経験が豊富な方であれば、中小企業から大手企業への転職も可能なので新卒の頃狙えなかった企業への転職も夢ではありません。

社会人4~5年目が取るべき戦略

社会人4年目以上になると、第二新卒としての転職ではなくなり、即戦力であることが求められます。

ただし、20代の後半に差し掛かったばかりの4~5年目(26~27歳前後)であればまだまだ成長が期待できるため、経験がなくてもポテンシャルをある程度評価してもらえ成功するケースもあります。

そのため、この年齢が取るべき手段は経験やスキルを上手にアピールしつつ、「未経験可」などのポテンシャル重視の会社も視野に入れて転職を行うことが最も最適な選択をできる方法です。

社会人6年目~が取るべき戦略

社会人6年目以上、年齢でいうと28歳以上に差し掛かった方は「即戦力」として会社に期待されます。場合によっては経験豊富な30代前半の方と比較されます。

他の20代と比較しても高い水準のスキルや、経験を求められますが、実は収入を上げて転職に成功している方が全ての年代の中で最も多いのがこの20代後半です。

そのため、年収・キャリアアップを目指しあなたができること、してきたことをきちんと整理してそれが活かせる業種や業界を探しましょう。

「若手」として転職できるラストチャンス

28~29歳は「若手」として転職できるラストチャンスでもあります。企業にもよりますが、多くの企業が30歳以上の社員を「中堅」として主力級の働きを期待しています。

つまり、30歳を超えると未経験の職種や業種にチャレンジするのは非常に困難になります。少しでも違う業種や職種に興味があれば20代のうちにチャレンジしておきましょう。

アルバイトや契約社員から正社員としての転職を目指す方が取るべき戦略

アルバイトや契約社員から正社員として転職を考えている方は、未経験可の業種・業界をきちんと選び、ポテンシャルをアピールする必要があります。

また、それまで正社員でなくてもアルバイトや契約社員としてしてきた業務をきちんと整理し、アピールポイントとできれば、選考を有利に進められる可能性は増します。


\最速1分でお問い合わせ/

転職相談はこちら

本サービスを利用する場合、利用規約に同意したものとみなします。

次のページへ >

-転職
-, , ,