自衛隊の転職

自衛隊から転職しやすい仕事10選

自衛隊員たちの眼差し

自衛隊で仕事をしてきてこれ以上は続けられないと感じたとき、転職先や職種はどのように選べばよいのでしょうか。

そもそも自衛官からの転職にメリットがあるのかどうかがわからず、踏み切れずにいるというケースもあるかもしれません。
本記事では、自衛官から転職するメリット・デメリットと、転職しやすい職種や方法について解説します。

自衛隊から転職するメリット

自衛隊の仕事には向き不向きがあるため、自衛隊の仕事を続けることが苦痛になっている場合もあり得ます。自衛隊の仕事に向いていないと感じる人には、転職はメリットが大きいでしょう。
また、自衛隊の仕事が向いている人でも、転職することにメリットがないわけではありません。部分的にはメリットがあります。この段落では、自衛隊から転職することのメリットについて解説します。

過酷な環境から離脱できる

自衛隊は上下関係や生活面での規律が厳しいのが特徴です。軍隊を持たない日本で、軍隊の代わりに国や国民を守る立場の自衛隊には、軍隊に準じた様々な決まりがあります。そして、隊員はそれを守ることを常に課せられるという環境です。仕事上も仕事以外でも制限を加えられることが多く、民間企業で働くよりストレスも溜まりやすい環境だといえます。何よりも、常に団体行動を強いられ、プライバシーが欠如した状態が長く続くことを過酷だと感じる人が多いようです。訓練における肉体的なつらさよりも、厳しい規律の下で生活する精神的なつらさから逃れたいと感じる人が転職を考えるケースが目立ちます。

自由時間が増える

自衛隊から民間企業へ転職するということは、自分の自由に使える時間が増えることでもあります。自衛隊では寮生活を送ることになるため、常に団体行動です。生活も仕事も1日のタイムスケジュールに沿って行うことになるので、自分自身で自由に決定して行動できる時間はほとんどありません。自分で決めた生活リズムではないため、自分には合わないと感じる人も少なからずいるはずです。そのような人にとっては、転職がメリットになることは間違いありません。また、自衛隊から転職するということは、自衛隊での寮生活をやめるということでもあります。団体行動が必要な自衛隊での生活において、行動の中身だけでなく、実行する時間も規律によって決められていたのが、ほとんど自分で自由に決められるようになるのです。

転職を機に、いつ起きていつ寝るか、いつ食事をするかなど、自分がいつ何をするかを決める権利が自分自身に移ります。これは本来当たり前のことですが、自衛隊に所属して寮生活をしている限り自由にはならないものです。

自分の生活リズムを自分で決められる自由を取り戻せることは、転職の大きなメリットといってよいでしょう。

より長く働けるようになる

自衛隊は体力的な面なども考慮して、一般の公務員よりも早い時期に定年が設定されています。一般の公務員が60歳を定年としているのに対して、自衛隊は部署や階級にもよりますが、53~56歳が定年です。そのため、まだ十分働ける若い時期に定年を迎えることになり、収入源を失ってしまうことになるわけです。定年時に退職金が出たとしても、これで一生生活できるということにはならないでしょう。老後の生活資金が不安になるのも当然です。そればかりか、年金で生活できるようになるまでの期間も長いので、それまでの生活も心配になるでしょう。定年後も生計を立てるために新たな仕事を探して働かなければならないなら、早めに転職してより長く働けるようにした方がよいと考える人がいてもおかしくありません。

転職によって定年後も生計を立てられるスキルを身につけ、老後生活の不安を払拭できるのであれば、メリットになるでしょう。少しでも昇進していれば、老後資金の心配を減らせると考え、昇進試験に臨む人もいるかもしれません。しかし、自衛隊での昇進は民間企業よりも厳しく、昇進できたとしてもさらに激務になります。そのような無理をするのは早々に諦めて、より昇進しやすくより長く働ける民間企業に転職しようというのも決して間違った選択ではないでしょう。

その他

自衛隊では多くの隊員が国や国民を守るという使命を持って働いています。災害などが起これば、現場に出動して人命救助などで活躍するでしょう。しかし、常にそのような出動機会があるわけではありません。どちらかというと現場へ出動する機会は少なく、万一に備えて厳しい訓練を繰り返す日々を送っています。いつどこで活かされるかわからない訓練を繰り返し、ミスをすれば厳しく罰せられるという毎日です。何のために訓練しているのかという疑問が湧いてくることもあるでしょう。目標を見失うと、モチベーションが保てなくなってきます。モチベーションが低下することによってケガをしやすくなり、ストレスによって心身の不調も起きやすくなることは大きな問題です。さらにモチベーションが下がると負のスパイラルに陥り抜け出せなくなってしまいます。そのようなときは、転職によって環境を変えることがプラスに働くでしょう。

転職をきっかけにモチベーションを取り戻すことができれば、大きなメリットになるはずです。また、自衛隊の派遣範囲が法解釈によって変化するため、いつ戦闘地域に派遣されることになるか不安を感じている人もいるでしょう。将来的には武装地域への応援に駆り出されるかもしれないという不安をぬぐえないのが現状です。

いくら使命感はあっても、命がけで働くのは意に反しているという人にとって、別の使命感を持って働ける仕事に転職することはメリットといえます。

陸上自衛隊HPより引用

\最速1分でお問い合わせ/

転職相談はこちら

本サービスを利用する場合、利用規約に同意したものとみなします。

次のページへ >

-自衛隊の転職